インフォメーション

2021 / 04 / 14
21:01

小沢智恵子展 気流−色彩−生命

小沢智恵子展 気流−色彩−生命

小沢智恵子展
 気流−色彩−生命

 久しぶりの絵の個展を足利で開催いたします。会場は、素敵な空間を持つギャラリー"artspace & cafe"。オープニングに”天鼓”さんによるライブパフォーマンスもあります。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

 2021年5月8日(土)〜5月16日(日)(月火曜休廊)
  11:00〜18:00(最終日は16:00まで)


 世界はいかにして色づけられるか。
 私たちは視覚によって、光をはじめとする色彩を感じとることができるが、小沢智恵子の作品と向かい合うとき、眼に加えて、手触りが色彩をとらえる感覚が芽生えてくる。それは、絵具によるだけではなく、さらに造形空間だけではなく、色彩がかたちのない気流のような性質をもって、世界に現れるからではなかろうか。
 彼女の創作の変遷を辿ると、絵画から始まり、自作のフェルトなどテキスタイル素材による立体作品へと移行し、それと平行しながら、今また絵画作品の発表が行われている。テキスタイルでは、絵具が繊維に染み込んで同化することで素材自体が色となり、触覚をもって色彩を感知する作用を促すが、小沢の作品では、染料をまとったものだけでなく、生のままのフェルトによるものにも、周囲の光をはらんだ色彩を淡く感じることがしばしば起こる。そして、手触りを帯びた色彩は、絵具を使った絵画の中にもかたちを変えて表される。
 空間に「描く」のではなく、自己が身を置く場所に色彩を舞わせ、世界を彩ること。そこでは、瞬間ごとに否応なく移り変わっていく意識、身体が世界に映し出される。それは、彼女自身の生命のかたちでもあり、そうした作品に触れることで、私たちも、自身の内にある生命の種のような存在をしばしば感じとることができるだろう。  文:篠原誠司(足利市立美術館学芸員)

小沢智恵子 Chieko Ozawa
 新潟県生まれ。幼い頃から弦巻松蔭に書を習い、それが美術全般に眼を開くきっかけとなる。マーク・ロスコの静謐な抽象絵画に衝撃を受け、美術を志す。2000年、英国に留学。2004年、上野の森美術館大賞展入選(絵画)。2015年、日本クラフト展入選。絵画や羊毛を使った立体アートの制作と並行して、自ら主宰する「AtelieR ReS・RARA」のブランドでテキスタイル作品を制作発表している。個展、グループ展を東京、名古屋、足利などで毎年開催。足利市在住。

天鼓 Tenko
 アーティスト・パフォーマー・ミュージシャン
70年代末からニューウェイブシーンでバンド「水玉消防団」のヴォーカルとして音楽を始める。80〜90年代はジョン・ゾーンやフレッド・フリスなど世界各地のフェスティバルに招聘される。「即興によるヴォイス」という新しい分野を確立。http://tenko-voice.com

IMG_5178.jpeg

ーー 1980〜90年代欧米のアヴァンギャルド音楽シーンを語る際に、天鼓の存在を無視することはできない。その比類ない個性的な即興ヴォイスそのものの存在感もさることながら、なによりも「彼女以前」と「以降」とでは、欧米における即興ヴォイスそのものの質が大きく変質したと言っても過言ではないからだ。 ーー 大友良英(天鼓ソロアルバム『energeia』ライナーノートより)

イベント
 ライブパフォーマンス 天鼓 雷放生
 
NEO PUPPET SHOW ーtenko Ikazuchi-Hojoー
 5月8日(土)15:00 / 18:00
 2回公演 各定員20名
 30分前開場 料金:¥2,000(学生¥1,000)


 artspace & cafe
  〒326-0814 足利市通2丁目2658
  tel:0284-82-9174
    e-mail:info@artspace-ands-cafe.com
    URL:http://artspace-and-cafe-ashikaga.com/

 

Today's Schedule