保育の特色

 

 理 念 

『のびのび わくわく すこやかに』

~こども園での遊びや生活を通して、生きる力の基礎を育む~

 

 目 標    

心豊かで生き生きと「人」や「物」に関わる子

<養護> 生命の保持と情緒の安定を図る

<教育> 友だちと共に意欲的に遊ぶ子

 ・あいさつができる子 

 ・感謝や思いやりの気持ちをもてる子

 ・自分の気持ちを言葉で伝えられる子

 ・自分で考えて行動できる子

 ・命を大切にする子

 

 方 針 

①「ありがとう・おかげさま・すみません」の仏教精神、安心の園生活 

②遊びを通じて、身体的、情緒的、社会的、知的な発達を促す

③様々な体験で意欲や好奇心、豊かな感性や表現力、創造性を培う 

④安心安全な給食の提供、基本的生活習慣の自立、健康作り 

⑤保護者および地域の子育ての支援 

⑥職員の資質向上

 

  b_ornament_126_0S.png

ゆるやかな担当制

 2歳までのクラスでは、食事や排泄、着替えなどの世話は、基本的に担当の保育士が時間をずらしながら行います。「待っててね。」の時間を減らすとともに、保育者との信頼関係が築きやすくなります。

CD2D9FD2-DC49-4586-AEE6-8D1BEFDAB30D.JPG

 
遊びコーナー

  ”あそび”は、こども達の成長にとって、欠かせないものです。保育室内には、「役割遊び」「構成遊び」「机上遊び」「絵本」等のコーナーを設けています。友だちと一緒にままごとや積み木をしたり、黙々と本を読んだりと、自分のスタイルで楽しむことができます。

 部屋.jpg

 

環境認識

 植物、家族、乗りもの、食べものなど、身近なものについて友だちや先生と一緒に考えます。 知っていること、気付いたことや思ったことを話したり、友だちや先生の意見を聞いたりしながら、より深い学びにつなげます。

 image10.jpeg

 

わらべうた

 日本古来からの伝承である「わらべうた」をとりいれた音楽教育をすすめています。

 2022-06-02 10.16.15.jpg

 

毎日体操

 毎日、ちょっとした体操の時間を設けています。身近な道具を使って、四つ這い、歩く、走る、曲げる、伸ばす、跳ぶ、投げる、バランスをとる・・といった身体の動きを意識して動きます。

image9.jpeg

 

食へのこだわり

 生きていく一番の源である食事は、当園が最も関心を持ち、力を入れている事柄の一つです。できる限り、国産品、添加物の少ないものを使って、園内で調理しています。コロッケもハンバーグも手作りです。ちらし寿司、鮎雑炊、ほうば寿司、うなぎなど、季節の食事や行事食も提供します。

 BD50C96C-EF79-4D36-B223-35488BE38F40.JPG