創業パートナー・靑栁雄三について

IMG_54921.jpg

赤江哲也(現・代表取締役社長)と共に、当社を設立した故・靑栁雄三は1950年(昭和25年)1月16日長崎で生まれました。

家族を支える為、高校生の頃から港湾労働や新聞配達等の仕事をしていたそうです。

成績優秀で長崎大学に合格したものの、家庭の事情もあり進学を諦め長崎倉庫に就職。

その頃の苦学の経験が、創業理念「生活に困窮した要介護高齢者に安心を」の原点だと生前に語っていました。

豪快な人柄で、とにかく話題が豊富で話が面白く、いつも周囲は笑いに包まれていました。

音楽的センスも抜群で、学生時代は長髪を振り乱してベースギターを演奏、ピアノバーのピアノ弾きの仕事をしていた事もあったそうです。

歌唱はまさにプロ級で、宴会のカラオケでは、女性陣が惚れ惚れする渋い声をいつも聴かせてくれました。

クールファイブのボーカル候補に名前が挙がったという伝説もある程ですが、(※要出典)医療・介護福祉業界の為にも、前川清さんが良かったのだと思います。

その後、長崎市内で病院の事務長を歴任した後、2002年春に下関市内の病院の事務長として赴任します。

そこで現・代表取締役の赤江哲也と出会い、同じ長崎が故郷だという事などもあり、すぐに意気投合、翌年には独立して株式会社 介援を設立、初代・代表取締役社長に就任します。

 創業者の二人が理念とした掲げたのは「生活保護受給や家族の支援が困難な(例えば、家族が遠方や疎遠になっている等)方も、最期まで安心して暮らせる施設の運営」「正規雇用の介護職員による介護事業の運営」の2点でした。

 今でこそ、生活保護受給中の高齢者や低年金の方々にも、入居可能な有料老人ホームの選択肢が多数ありますが、2003年当時は介護保険制度自体まだ始まったばかりで、生活保護の要介護高齢者は病院退院後に行き場がなく、社会問題になりつつありました。

 また、介護職員の主力の大半が主婦パートの時代だった為、「正規雇用で介護ヘルパーを雇って事業が成り立つわけがない」と、多方面から指摘を受けたそうです。人手不足の深刻化に伴い、介護職員の正規雇用も当然になりましたが、当時は非常に勇気のいる決断だったと言えます。

 その後、出身地の長崎市でも介護事業所開設のコンサルタントとして活躍、事業開設に携わった㈱トリプルエスの代表取締役社長・会長を歴任。

 愛車のトヨタ・クラウンMAJESTAで高速道路を疾走し、下関と長崎を往復する多忙な日々を過ごしていました。

 酒と煙草をこよなく愛した靑栁雄三は、2017年1月9日、67才の誕生日の1週間前に自宅にて逝去。(享年66)

 2017年1月14日、㈱トリプルエスと弊社が合同で社葬を執り行い、数多くの参列者の皆様が別れを惜しんで下さいました。

 

 

IMG_55122.jpg