EKARAとは

◇畑の中のレストラン◇

窓に四季折々の田園風景が広がる
レストランでは、自社農園の野菜をはじめ、
地域の食材を使った料理をお楽しみいただけます。
また、ワインやシードルもご用意しております。
薪や炭火で調理する田舎ならではの
ダイナミックなお皿の数々とともに、
至福の食の時間をお過ごしください。
席 数…25席  各種パーティもご相談ください

夏季営業時間
ランチ :11:00~15:00(LO14:00)
ディナー:
18:00~20:30(LO19:30)
 (事前にご連絡ください)
定休日 火曜日
ランチ :11:30~15:00(LO14:00)
ディナー:18:00~20:30(LO19:30)
(1週間前のご予約お願いします)
定休日 月曜日・火曜日 

1.jpg

畑の中のコテージ

レストランでの夕食をよりゆったりと
お楽しみいただくため、りんご畑の中に、
ぬくもりを感じるコテージを建てました。
コンセプトは“質感あふれる畑小屋”。
季節や時間によって様々な表情を見せる
田園風景の中で、この場所ならではの時間を
存分にお楽しみください。

2.jpg


◎コテージ…2棟<14名様までご利用いただけます>
各コテージには、2ベッドのベッドルームが2部屋
洗面、檜風呂、シャワールーム(レインシャワー付)、
お手洗を備えております。

◎ご利用時間・定休日
チェックイン時間 16:0017:00 ※
チェックアウト時間 09:3011:00 
17:00以降のチェックインは、
1棟・1時間あたり1,650円(税込み)
のサービス料を頂戴いたします。

畑の中の菓子工房

自社農園で収穫するお米や野菜、地域の農産物を原材料に
風味豊かな焼菓子を手づくりします。
中でも、米粉でつくるクッキーやガレットは、
ここだけの逸品!
自社農園の米粉や平飼いの鶏の卵、北海道産の乳製品、
ミネラル豊富な粗糖など
素材にもこだわり、小さなお子様から安心して
召し上がって頂けます。
ふるさと納税の返礼品にもなり、
オンラインショップでも好評販売中。
またお土産や贈答用の詰め合わせセットの
ご予約も受付しています。

3.jpg

りんご畑

“畑の中のレストラン EKARA”は、
三笠市萱野の畑の中にあります。
ここは、これまでも“農”と“食”で集まった人たちが
楽しんできた場所です。
みんなで田植をしてお米をつくったり、
畑の中で仮設レストランのイベントをしたり、
火を囲んで納屋で朝まで飲み明かしたり。
そして、この場所に、もっともっとたくさんの人に
来ていただき、“畑を感じながら食を楽しむ時間”を
過ごしてほしいです。
2017年春、
そんな想いを込めて、かつてこの畑で栽培されていた
りんごの木を、みんなで植えました。

4.jpg


EKARAの由来
レストランの名称【EKARA エカラ】は、
「三笠のこの地で豊かな食を楽しむ場を畑の中につくる」、
また「この地でさまざまな新しいチャレンジをする」
という想いを込めて、
「~で~を作る(または~をする)」
という意味の
アイヌ語“ekar”から名付けました。

みんなで田植をしてお米をつくったり、
畑の中で仮設レストランのイベントをしたり、
火を囲んで納屋で朝まで飲み明かしたり。
そして、この場所に、もっともっとたくさんの人に
来ていただき、

“畑を感じながら食を楽しむ時間”を過ごしてほしい。
2017年春、
そんな想いを込めて、かつてこの畑で栽培されていた
りんごの木を
みんなで植えました。

レストランの名称【EKARA エカラ】は、
「三笠のこの地で豊かな食を楽しむ場を畑の中につくる」、
また「この地でさまざまな新しいチャレンジをする」
という想いを込めて、
「~で~を作る(または~をする)」という意味の
アイヌ語“ekar”から名付けました。

三笠&空知 エコツーリズム

かつて石炭採掘によって北海道開拓の歴史を支えた三笠には
炭鉱をはじめとする産業遺産や、
アンモナイトなどの化石が発掘される地層、
冬季にワカサギ釣りができる湖など
さまざまな歴史・自然文化があります。
また、三笠や周辺地域には、ワイナリーやヴィンヤードが多数あり
 素晴らしいワインが作られています。
そんな魅力の数々を、畑の中のレストランでの食事や宿泊とともに、
フィールドツアーやネイチャーツアーで楽しみませんか?

5.jpg

 〒068-2166 三笠市萱野158-1

tel:01267-2-5530  fax:01267-2-5531

mail:info@ekara.jp 畑の中のレストランEKARA