2019.10.23 Wednesday

6000

子供たちと走る楽しさを共有したくてランニングを指導しています。

成長スピードが個々で異なる少年期からの指導方法は

子供たちの未来にとって大切な成長の糧となりえると考えます。

 

多くのスポーツを通して

いろいろな動きを染みこませるまえに

基本となる身体と動きを身につけていなければなりません。

 

専門的な動きの指導のなかで

速く効率よく走るための動きづくりを指導する過程で

必要な道具もランニングコースもトレーニングメニューも 

考えて 創造し 開拓していけば 

その意味が身体に染みついていきます。

 

野山・不整地を主場とし 

転ばない集中力、しなやかで強靭な関節、ブレない体軸を身につけて、

子供たちがその先に目指すあらゆる可能性のために

土台を広げていけたらと考えます。