メッセージ

トカプコーヒーについて

 

トカプコーヒーのコーヒーが美味しい理由

 

高品質のスペシャルティコーヒー豆を、生産者と長期的に信頼関係を構築して、適正価格で調達している取引先様から入手しています。

コーヒー豆は農産物であることから、生産国から輸入及び国内倉庫での保管に至るまで、一貫した定温管理で品質保持に努めています。

コーヒー豆のクオリティは自信を持って提供させて頂きます。

 コロンビア⑨.jpg

 

 

(1)生産者(農園)及びサプライヤーとの信頼関係

・コーヒー豆の買い付けで最も重要なのは、生産者(農園)及びサプライヤーとの信頼関係です。

生産国へ赴き、継続的に買い付けを行ったコーヒー豆のみを取り扱っていることから、品質は折り紙付きです。

(例)エチオピア ブルーナイル(Guji Kercha)  エチオピア商品取引所における最上位規格Q1の品質を認定

 松本会長.jpg

 

 

(2)収穫・選果作業における品質管理の徹底

(例)インドネシア ブルーリントン

①産地はリントンニフタ地区(スマトラ島)限定  ※産地限定により品質のバラツキを防ぐ

②産地で果肉を削いで水洗い(ウェットパーチメント)

③気温の低い早朝に工場へ輸送

④天日乾燥(約3時間)

⑤脱穀機でパーチメントを剥がす

⑥スクリーン上において乾燥(3日)

⑦欠点豆の除去(ハンドピック)   

⑧定温倉庫で保管後、日本向け出荷

インドネシア③.jpg 

 

(3)物流管理の徹底

・日本向けへ出荷される際は全て海上コンテナ(温度管理付き)を使用して、+16℃(湿度60%)で輸送しています。

※世界各地から日本へは約1か月程の輸送日数が掛かります

・国内定温倉庫(横浜・神戸)での保管時も同様に、全て+16℃(湿度60%)で管理しています。

・コーヒー豆の含水率は出荷時と比較して殆ど変わりません。

※一般的なコーヒー豆は汎用コンテナ(最高50~60℃)で輸送され、常温倉庫(外気温並み)で保管されています

 保冷倉庫.jpg

 

 

(4)焙煎について

・スペシャルティコーヒー豆の魅力は、その風味にあります。

・トカプコーヒーは素材の風味を最大限に生かす焙煎を常に心掛けています。

・生産者が丁寧に栽培し、徹底管理のもとに届けられたコーヒー豆は、焙煎によってポテンシャルを発揮します。

・トカプコーヒーでは「フジローヤル3kg釜」の半熱風式焙煎機を使用し、製品作りをおこなっています。

・焙煎前後のハンドピック(欠点豆の除去)も、美味しいコーヒー作りのための大切な作業です。

 

 焙煎機③.jpg

 

 

(5)美味しいコーヒー作りについて

・「毎日のコーヒーが美味しい」ために・・・最高のコーヒーをご提供致します。

・コーヒー豆毎のポテンシャルを最大限生かした焙煎度合い(中煎り~深煎りまで)でご提供致します。

・シングルオリジン6種類及びブレンド3種類をご用意しております。

 簑島社長.jpg

 帯広市 Mさま

 

トカプコーヒー 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる