とちお謙信公祭

 戦国の動乱期、越後の虎と恐れられた「上杉謙信公」。栃尾は謙信公が長尾景虎として青年期を過ごし「義の心」を育み、初陣を飾った地。そんな謙信公の遺徳を偲び開催される。当日は、市民茶会、武者行列、栃尾衆鉄砲隊の演武、読経・献茶・献舞などの祭典や謙信公を偲ぶ宴などが開催されます。


 令和2年度 第53回謙信公祭武者行列の中止について

 例年、栃尾謙信公奉賛会行事にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 このたびのコロナウイルス感染症拡大の影響で、各地で開催を予定しておりましたイベントのほとんどが中止となっております。

 昨日、同会常任理事会を開き、本年8月23日(とちお祭と同日)に開催予定の第53回謙信公祭武者行列の開催可否について審議した結果、同日開催のとちお祭が中止決定していること、開催にあたり寄付をお願いする事業所がコロナウイルス感染症拡大の影響でたいへんな状況であること等から、今年はやむなく中止(武者行列、市民茶会、鉄砲隊演武)とすることといたしましたので、お知らせいたします。

 なお、栃尾地域の宝の磨き上げとして長尾景虎を広く内外にアピールすることを目的に、昨年度から、とちお祭と同日開催としたことから、コロナウイルス感染症収束を受けて、今年度中に栃尾地域で開催されるいずれかのイベントに家来衆を従えた「長尾景虎」を登場させることができないか模索することとしました。

 また、同じく宝の磨き上げ事業の一環として郷土愛を育むことを目的に平成28年度から実施している「義の元服式」の開催につきましては、中学校の授業時間確保を優先しながら、各中学校に赴いて実施すること等を踏まえ、栃尾地域内の2校の中学校と協議することとしました。

 今後とも、当奉賛会の事業につきましてご教示、ご助言をよろしくお願い申し上げます。

 

※義の元服式= 毎年、9月第4金曜日、午後1時45分から、長尾景虎ゆかりの常安寺を会場に実施。

 対象=栃尾地域内の中学校(秋葉中、刈谷田中)の全中学2年生(長尾景虎が栃尾で旗揚げした年齢と同じ年齢)

 内容=①長尾景虎の由緒の講義、座禅体験、成人に向けての決意を行う。

 2校の学校行事の一環として組み入れていただいている。

 

 

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる