お知らせ

2018 / 08 / 29  10:22

大和三宝工業協同組合のホームページができました!

トップページ

大和三宝工業協同組合のホームページができました。
三宝についての動画もアップされています。
三宝の種類についても掲載されています。
ぜひご覧になってください。

日本国内の三宝の約80%から90%は、奈良県の吉野郡下市町で製造されています。奈良県吉野郡下市町は、古くから吉野の玄関口として栄え、吉野地域の商工業の中心地を担ってきました。
 大和三宝工業協同組合の三宝の年間製造個数は、約17万個です。 製造工程のほとんどは手作業で行われていて、特に木材を曲げる工程には、熟練の技が要求されます。

三宝とは

三宝・神具は、いにしえより下市において生産されていました。
後醍醐天皇が、吉野に皇居を移されたとき、献上物の器として、
三宝を用いたのが始まりとされ、豊富な吉野ヒノキを加工した伝統産業です。
良質のヒノキ材の白木地がもつ高雅な美しさが特徴です。
現代では、お正月の鏡餅を飾る鏡台として使われており、
また、家の新築や結婚などの慶事の際や厄年には、
新しい三宝を取り替えてお正月を迎えれば、
新しい年の年神様が一家の安全を守り、
幾久しき富貴円満を授け、子孫繁栄すると伝えられています。

関連リンク

2018 / 08 / 27  14:25

ビーズステッチのワークショップは定員に達しました。

9月に行うビーズステッチのワークショップは定員に達しました。
ご参加の皆様、ありがとうございます。
また企画いたしますので、お楽しみに!!!

関連リンク

2018 / 08 / 17  16:02

札の辻ステーションでビーズステッチのワークショップを行います!

9/19(水)PM1:00~開催いたします。
 申込締切りは、8/31(金)です。

画像のようなブレスレットができます。
材料費・ドリンク込で3,000円(税込)です。
手ぶらでOKです!

詳細につきましては、札の辻ステーションまでお願いいたします!

1
2021.10.19 Tuesday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる