さとう司法書士事務所|東根市の司法書士

東根市の司法書士佐藤友彦です。相続に関する手続き、不動産売買・贈与・新築、会社関係の登記をはじめ、成年後見制度等の
財産管理業務に至るまで、幅広くご相談に応じております。
 0237-47-0330
お問い合わせ

相続登記手続きの費用について

亡くなられた方の名義(登記されている)の不動産がある場合、法務局へ相続による所有権移転登記の申請をする必要があります。この申請手続きは司法書士が代理して行うことが多いため、費用がいくらかかるのかという問い合わせを多くいただきます。

この費用に関しては司法書士報酬+実費となります。

 実費に関しては登録免許税(不動産の固定資産税評価額の0.4%)や登記事項証明書の取得費用等ですので、個々の案件によって変わります。そして、司法書士報酬についても、不動産の数や相続人の数等により報酬額が加算されるので、内容を精査せずに一概にいくらとは言いにくいです。

 そこで、あえて当事務所での最低限の報酬をお答えすると5万2,800円(税込)+実費となります。この費用は土地1筆、建物1棟の場合で、遺産分割協議書作成、相続関係説明図作成、所有権移転登記申請を含んだ料金です。必要な戸籍の取得はご依頼者様に集めていただくことを想定しています。戸籍の取得を代理させていただく場合には、5,500円(10通まで)別途報酬に含ませていただきます。また、不動産の数が1個増すごとに1650円(税込)報酬額が加算されます。

 このように、相続登記の費用に関しては「15万円は高い」「8万円は安い」と一概に言えません。相続登記手続き費用を確認する際には、報酬部分と実費部分それぞれがいくらなのかを確認するとよいと思います。しかし、何より大事なのは、この司法書士に任せて良いと自分自身思えるか?という点だと思います。求めるものは人それぞれですが、正確な事務処理を前提として、各手続きについて丁寧に説明してくれる、細かいことでも嫌な顔せず答えてくれる、とにかく専門性が高く何でも知っているなど、自分が求める人物をぜひお選びください。

2022.12.02 Friday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる