さとう司法書士事務所|東根市の司法書士

東根市の司法書士佐藤友彦です。相続に関する手続き、不動産売買・贈与・新築、会社関係の登記をはじめ、成年後見制度等の
財産管理業務に至るまで、幅広くご相談に応じております。
 0237-47-0330
お問い合わせ

お知らせ

2022 / 08 / 20  15:12

相続手続きの順序について

 亡くなった方が所有していた財産に「不動産」が含まれている場合、

遅かれ早かれ司法書士が関与する可能性が高いです。※ご自分で法務局への登記申請をされる場合は除きます。

ならば早めに司法書士にご相談ください。

相続手続きは何から始めたらよいかわからない、まずは預金口座解約から始めるか・・・とお考えの方いませんか?

預金口座、不動産、株式等何から相続手続きを始めるかによって、同じような手続きが重複し、相続人の皆さんに負担がかかることがあります。

まずはさとう司法書士事務所にご相談ください。

相続人の手続き負担が最小限で済むようアドバイスや手続きの代理をいたします。

2022 / 08 / 13  16:39

相続登記義務化へ向けた制度改正が始まります

相続登記義務化へ向けた制度改正が始まります

皆様、所有している土地や建物の名義人が亡くなった場合、法務局へ所有者の名義変更の登記を申請する手続きがあることをご存じでしょうか?売買などで名義が変わる場合には、トラブル防止のため必ずと言っていいほど登記手続きは行われます。しかし、相続を原因として名義人が変わった場合、相続人が積極的に手続きをしなければ亡くなった方の名義のまま放置されてしまいます。今まではこの登記手続きは義務ではなかったため、何十年も放置しているケースが散見されます。ですが令和6年4月から「相続登記義務化」の法律が施行されます。これに違反すると10万円以下の過料に処されるという内容も含まれているため、これまでのように長年放置することが不利益になることもあるため、改めてご先祖名義のままの不動産についてご対応を考えていただく必要があります。令和6年4月になってすぐにペナルティが課されるわけではありませんので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

2022 / 08 / 13  16:31

相続に関する無料相談(初回)しております

相続手続きについては、皆さん一生のうちに一度か二度経験することになると思いますが、若いうちから経験する方は少ないのでどのように進めたらよいのかわからないという方がほとんどではないでしょうか?当事務所では初回相談無料でお話を聞かせていただいております。手続きにかかる期間や手続きの順序、手続き費用等、たいていのご相談は30分程度で一通りの回答をすることができております。気軽にお問い合わせください。

2022 / 08 / 01  15:20

遺言書を法務局へ保管してきました!

DSC_0341.JPG

本日、自分自身の遺言書を法務局へ保管してきました。

事前に予約し、法務局の供託課へ出向きました。流れとしては

10:00 

到着。本人確認のため身分証提示し、申請書や添付書類を担当者に提出する。不足がないか簡単にチェックした後に、担当者が奥で念入りに書類確認を行うとのこと。15分ほどかかるので、その間アンケート記入の依頼あり。

10:15 

奥から戻ってきた担当者から「遺言書のデータ取り込みがあり、それに30分程度かかる」と告げられる。法務局で待っても外出してもよいが、どちらにせよ終了したら電話をくれるとのこと。私は近場で用事があったため外出することとした。

10:45 

手続き終了の電話あり。窓口に戻ると「保管証※写真アップしました」の交付を受ける。これで手続き終了。

 印象としてはとても簡単でした。ただし、私が作成した遺言書は1枚のみで、遺言内容も2行で済むものだったため、取り込みや形式的な確認にも時間がかからなかったせいもあるのではないかと思われます。5,6枚にわたる遺言書で、申請書にも遺言執行者の指定等の記載もあればもう少し時間がかかったかもしれません。しかし、仮に1時間以上かかる手続きだとしても、「遺言書を保管してくれる」「亡くなった時に相続人に通知してくれる」「遺言書の検認手続き不要※一般の方にとってはこれが結構面倒な手続き」これだけのメリットがあれば多少の労力は気にならないと思います。そして安い!(印紙代3,900円)。

一般の方がこの手続きを利用する場合の留意点としては、

「法務局では遺言内容について審査してくれない」

という点です。遺言書本文は自署されているか?住所氏名かいてあるか?押印があるか?などの形式的な面しか確認してくれません。細かな財産内容を記載して、それぞれ複数の相続人へ相続させるような遺言書を遺したい場合には専門家に見てもらったほうが賢明だと思います。せっかく遺言書をのこしても内容が不明確・不正確で手続きに使用できなくては本末転倒です。

そして、今回私が遺言書保管制度を利用した目的は

1.手続きにかかる事務負担を知るため

  今後、依頼者の方にどのような制度でどのくらいの事務手続きが必要なのか答えられるようにするため

2.自分自身の万が一に備えて

  私自身、不動産の名義を持っており、未成年の子供も複数いるため、万が一亡くなるようなことがあれば残された妻に相続財の手続きにつき、多大なる事務的負担をかけてしまうこととなるため。

1.の理由は仕事上のものですので一般の方には当てはまりませんが、2.の理由は多くの一般市民にも当てはまるものと思われます。

重ねて申し上げますが、この令和2年から始まった制度の優れた点は

〇遺言書の検認が不要になる。(自宅保管の遺言書は家庭裁判所へ遺言書検認の申立てが必要)

〇法務局で遺言書を保管し続けるため、毀損・滅失・紛失の恐れがない。

〇遺言者が亡くなると遺言者が指定した相続人等へ、遺言書が保管されている旨の通知がなされる(保管の際の申請書に通知の希望をしていた場合)

〇遺言者の相続人全員へ遺言書が保管されている旨の通知がなされる(相続人等の一人が遺言書保管所で遺言書の閲覧や遺言書情報証明書の交付を受けた場合:希望の有無に関係なし

です。ぜひ、自分が亡くなった場合の相続人がだれになるのか、どのような手続きが必要になるのか、これを想像してみて頂きたいです。

1
2022.12.02 Friday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる