• 屋敷外観

    屋敷外観

  • 蔵

  • 門

  • 館内

    館内

  • 深緑

    深緑

  • 紫陽花

    紫陽花

  • 石段

    石段

  • 庭から見える雲海

    庭から見える雲海

  • 紅葉

    紅葉

  • 秋

ごあいさつ

徳島県 三好市 西祖谷山村にあります、平家屋敷民俗資料館(三好市重要有形文化財)の公式ホームページです。

 

四季折々の表情を見せてくれる自然豊かな場所にあり、庭には時代を見守り続けた名木もあります。そんな中でゆっくりしたお時間を過ごしていただけますと幸いです。

 

また、慶応3年建築の母屋は民俗資料館になっています。今でも囲炉裏で毎日火を焚いており、200年近くにわたり作り出された茅葺の屋根裏・合掌造り(けや木)の迫力の黒艶もご覧いただけます。

 

☆お知らせ…2021年9月に館内リニューアルいたしました。→詳細(リンク)

 

☆お知らせ…時を超えて~「美Four」~今甦る☆~゜゜~☆江戸末期~明治初期まで使われていた染物の型紙(柿渋紙)を藍染として再現しました→詳細☆リンク

 

☆お知らせ…夏休み期間(7/16~8/31)小学生を無料にさせて頂きます。→詳細☆リンク

【当家の由来】

祖先である堀川内記は、安徳帝の御典医として治承~養和~寿永の頃まで宮中に伝えたが、平家の都落ちの時、安徳帝を供奉して屋島に逃げのびた。

平家滅亡の後、残党と共に祖谷に入山した内記は、祖谷の山野に薬草が豊富なことに感動し、深山を散策して秘薬を採取した。こうして当地で医業を庶民に施しながら、神官も兼ねていた。

後年、蜂須賀公の阿波入国の時は反旗を翻した祖谷軍の負傷者の治療に当たった。祖谷軍は敗れ、堀川家も罰せられたが、後に許され当地の西岡の名主となり姓を西岡に改め現在に至る。

 

建物の母屋、蔵は慶応3年の建築で、三好市重要有形文化財に指定されている。

 

YouTube→(リンク)

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる