ワクチン抗体検査

 毎年ワクチンを打ちますか?それとも、抗体検査をしますか? 

ワクチン.gif

 毎年接種することが推奨されていたワクチン。狂犬病ワクチンは法律で年に1回打つことが義務付けられていますが

そのほかに、感染した場合致死率が高いウイルス(ジステンパー、アデノ、パルボ)はワクチン接種が必要とされています。

またパラインフルエンザ、レプトスピラなどは必要に応じての接種が必要とされています。

 

しかしワクチン抗体の効果はその子によって違います。1年の子もいれば3年以上免疫がもつ子もいます。

つまり、ワクチン接種は必ずしも毎年必要というわけではないのです。(狂犬病を除く)

 

今では少量の血液でワクチン抗体の有無を確認することができます。

抗体があれば、十分な免疫があると考えられます。

抗体の量が少なくなった時に、年齢、体調、生活環境などを考慮してワクチンの追加接種ができます。

ワクチンによる副作用のリスクもゼロではありませんので、その子に必要な最小限のタイミングでワクチン接種することで

わんちゃん・猫ちゃんの身体への負担を減らすことが期待されます。

 院ではワクチン抗体検査を院内で実施できますので、お気軽にご相談ください。