保護猫の不妊去勢手術

 Trap Neuter Return

 cat_sakura_cut_female1.png

横浜市および川崎市の猫の不妊去勢手術推進事業により、市から保護猫の不妊去勢手術費用の一部が補助されます。

ブルーム動物病院は登録動物病院です。

 

申請対象者:横浜市民または川崎市民

対象動物:対象期間内に不妊去勢手術をした市内に生息する飼い主のいない猫

補助金額:15000円まで 

横浜市申請窓口:各区福祉保健センター生活衛生課、横浜市動物愛護センター

川崎市申請窓口:各区役所衛生課

 

手術の流れ

①お電話または来院にて手術可能かお問合せください 
②午前診療の時間内にお預かりします
③手術を実施
④当日に退院
⑤各自、申請窓口で申請手続きをしてください 

 

注意点 

・1日に可能な手術件数がありますので、事前にお問い合わせください。

・申請書を入手し、あらかじめ申請者記載事項を記入したものを来院時ご提出ください。 

(各区福祉保健センター生活衛生課窓口、横浜市動物愛護センターHP・川崎市HPからダウンロードできます)

・手術前に同意書にご記入をお願いします。

・お預かりが午後診療のお時間(19時まで)となる場合、翌日に手術実施となります。(その際の宿泊費は別途請求となります)

・お預かりの際にノミ、ダニ、体内寄生虫の予防が必須になります。(実費ご負担)

・手術後の耳カットが申請条件となります。

・基本的に手術当日退院となります。保護者様のご都合により術後入院を希望される際は別途請求となります。

 

 

申請に関するお問い合わせは各区申請窓口までお願いいたします。

横浜市動物愛護センターHPへ

川崎市公式ウェブサイトへ