中越製陶 株式会社

Welcome to our homepage
 0256-57-2370
お問い合わせ

会社概要

 
商号: 中越製陶株式会社
設立: 昭和39年03月
資本金:

10,000,000円

本社所在地: 〒959-1502 新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙688番地
TEL:(0256)57-2370[代] FAX:(0256)57-5104
代表者: 代表取締役 佐野 健一
取引銀行: 北越銀行
従業員: 19名(令和2年2月29日現在)
沿革
昭和39年03月 田上町大字川船河甲1391-2に『中越製陶株式会社』を創立
代表取締役社長 佐野 竹治
資本金5,000,000円
暗渠排水用素焼土管の製造を開始する
昭和39年12月 資本金10,000,000円に増資
昭和42年03月 建設業者登録(般-6 21457)をとり、トレンチャー工事の請負をはじめる
昭和44年05月 本社工場でコンクリート二次製品の製造をはじめる
昭和45年07月 資本金20,000,000円に増資
昭和46年12月 田上町大字田上丙688に田上コンクリート工場を開設
本格的にコンクリート二次製品の製造に着手する
昭和48年04月 田上コンクリート工場、新潟県農地部指定工場となる
昭和48年06月 資本金30,000,000円に増資
昭和48年11月 田上コンクリート工場、日本工業規格表示許可工場(許可番号:373153)となる
昭和49年05月 本社、新工場完成
80メートルトンネルキルンの近代的設備により、素焼土管の増産体制ができる
昭和57年06月 佐野一雄、代表取締役社長に就任
昭和58年09月 新潟市上所上1丁目7番21号に新潟営業所を開設、販売の強化を図る
昭和61年09月 本社工場でストライプ管の試験的製造をはじめる
平成元年08月 田上コンクリート工場でハイニーズシステムの生産ライン完成
生産性の向上を図る
平成02年06月 T型ブロック(特許製品)の新潟県製造販売の権利取得、製造を開始する
平成03年03月 本社工場でストライプ管の本格的生産を開始する
ストライプ管の新潟県内定着を図る
平成03年07月 本社事務所、新築完成する
平成03年12月 本社工場で、粘土処理工場、建設完成する
平成08年06月 田上コンクリート工場で自立型大型積みブロック(アントラー)の製造を開始する
平成08年07月 音の出ないU字溝(リボーン側溝)の製造を開始する
平成09年11月 田上コンクリート工場で、第二工場が完成、大型製品の製造が可能となる
平成10年03月 リボーン側溝のシリーズ版として、可変側溝(RF)の生産を開始する
平成13年11月 レジンコンクリートの生産を開始する
平成16年12月 RUG側溝を開発し、販売開始
平成19年07月 ECOンビ工法を開発し、販売開始
平成24年06月 民事再生申請し、土管工場を閉じ、コンクリート二次製品に事業を絞る
平成24年12月 資本金30,000,000円を減資し、新たに1,000,000円を増資
平成25年01月 民事再生開始決定により、代表取締役に佐野健一就任
平成27年12月 全国に代理店が拡大し、ECOンビ工法研究会という組織的活動を準備開始
平成28年01月 裁判所より民事再生終結決定が出され、法律的に民事再生を終えた
平成28年04月 資本金10,000,000円に増資
平成28年07月 ECOンビ工法研究会という組織的活動が発足
平成29年11月 ECOンビ工法がMadeIn新潟プラチナ技術に認定を受ける
2021.06.19 Saturday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる