経営発達支援計画

 

経営発達支援計画について

平成26年6月に商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号。以下「小規模事業者支援法」)の一部が改正されました。 この改正によって、小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会が小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化にもつながる展示会の開催等の面的な取組を促進するため、商工会が作成する支援計画のうち、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資するものについての計画を経済産業大臣が認定する仕組みが導入されました。 男鹿市商工会は、令和2年3月に認定を受け、秋田県男鹿市内の小規模事業者に対する伴走型支援を実施しています。

200420094749-5e9cf13526890.png男鹿市商工会経営発達支援計画(2020.4.1~2025.3.31)

 

    ■中小企業景況調査

男鹿市商工会では、管内の小規模事業者の経営を取り巻く環境について、全国商工会連合会の調査資料等を調査分析し情報提供を行っておりますので、経営にお役立てください。

200420094749-5e9cf13526890.png景気動向調査 2020.4-6

200420094749-5e9cf13526890.png景気動向調査 2020.7-9

        

伴走型小規模事業者支援推進事業について

経営発達支援計画の認定を受けた商工会が、経営発達支援計画に沿った支援計画を申請し、全国商工会連合会からの補助を受けて事業を行うものです。男鹿市商工会では、事業者の皆様の販路拡大強化、情報発信力の強化のため、様々な取組を行っています。