●対象~どんな人が利用するの?~
*原則、産後2カ月位までのお母さんと赤ちゃん
*医療機関を退院されたあと、産後の体と心の回復を図りたいお母さん
*医療機関を退院したものの、授乳や沐浴など赤ちゃんのお世話や育児全般に不安を抱えているお母さん
*「実家が遠い」「実父母・義父母も仕事をしている」など諸事情により、産後にご家族からのサポートを得ることが難しいお母さん

 

●料金
1日:30000円(退院時にお支払い下さい)

 

※北区に居住されている方で「産後ショートステイ事業」をご利用の場合は、自己負担1割+消費税(1日3000円、3泊4日まで)

 

※料金には、各種ケア(乳房ケア・全身のマッサージ・赤ちゃんの沐浴など)、相談、食事、

 洗濯、居室使用、寝具使用、冷暖房費、その他雑費が含まれます。


●ご利用までの流れ
ご利用をお考えの場合には、妊娠10ヶ月に入る前(妊娠36週)までにご予約下さい。
妊娠中に可能であれば、見学を含めて入院中の流れ(過ごし方等)をお話させて頂きます。(要予約)


●入院・退院の時間
入院:正午より入院できます。(昼食あり)
   医療機関を退院してそのまま助産院にいらっしゃることも可能です。
退院:赤ちゃんの沐浴を終え、昼食を召し上がっての退院となります。
※その他、ご希望により臨機応変に対応可能ですのでご相談下さい。


●ケアの内容
基本的にはお母さんと赤ちゃんの体調や症状に合わせたケアをさせて頂きたいと思います。
*乳房の手当て
*赤ちゃんの体重・黄疸のチェック・全身状態の観察
*沐浴や授乳の方法のアドバイスなど

 

●持ち物

(・北区産後ショートステイ事業でのご利用の場合:利用承認通知書をご持参下さい)

 ・母子手帳

 ・パジャマ 必要な枚数

 ・産褥用(生理用)ナプキン

 ・フェイスタオル、バスタオル(お母さん用)

 ・洗面用具

 ・スリッパまたは部屋履き

 ・靴下 必要な枚数

 ・ガーゼハンカチ、沐浴布またはタオル(赤ちゃん用) 必要な枚数

 ・赤ちゃんのオムツ(当院では布おむつを準備しています。退院後に紙オムツを使用する場合、それに慣れたい場合には紙オムツをご持参ください。)

 ・退院するときの赤ちゃんの着物、おくるみなど

 ※着替え、タオル類などに関しては、必要があれば洗濯も可能です。

 

その他、育児に必要と思われるものを可能な範囲でご持参ください。

(粉ミルク、哺乳瓶、消毒グッズなど)

ご自宅へ戻られた後にお使いになる予定のものを入院中も使用し慣れておくことは、退院後のスムーズな生活に繋がると私たちは考えています。