インフォメーション

2022/01/20 08:55

柄巻き講習会の会員募集

 柄巻講習会を実施中です。
 講習料などは以下の通りです。

 1 講習場所
   当方の自宅

 2 講習時間
   実技3日間(1日4から5時間)

 3 募集人
   5名

 4 講習費など
  ① 機材購入費(柄巻に必要な機材一式)
     40,000円+消費税
      機材の内容
       ・柄巻き台
       ・柄木
       ・柄糸
       ・縁頭
       ・目貫
       ・鮫皮
       ・ランプ
       ・ローラー
       ・クランプ
       ・手袋
       ・和紙
       ・経木
       ・クスネ
       ・クジリ
      

    
   5 連絡先
   090-2871-8327
     福永

 尚、地方の方でも人員が3名以上であれば当方の交通費(滞在費は不要)を負担していただければ出張致します。
              

2022/01/12 12:51

超大作!「60号」145センチ×111センチ 関根伸夫 「不二」

 関根伸夫は1942年埼玉県生まれ。68年に多摩美術大学大学院油絵研究科を卒業。斎藤義重に師事する。李禹煥や菅木志雄らとともに「もの派」を代表する作家として知られている。68年の現代日本野外彫刻展で深さ2.7メートル、直径2.2メートルに掘られた穴と、まったく同じ高さ、直径でできた土の円柱で構成された《位相―大地》を発表。同作は「もの派」の出発点とされている(同作は2008年に行われた「多摩川アートラインプロジェクト」の一環として再制作された)。また同年には白い円筒状のスポンジの上に鉄板を乗せた《位相―スポンジ》を発表。70年に荒川修作とともにヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表に選出され、ステンレスの柱に自然石を置く《空相》を発表した。その後2年間ヨーロッパに滞在。帰国後の73年に環境美術研究所を設立した。近年では「太陽へのレクイエム:もの派の美術」(Blum & Poe、ロサンゼルス、2012)

2019年没

この作品は、2009年に製作された物です。

                                                                             

  DSC_3018.JPG

 

  DSC_3025.JPG

 

  DSC_3024.JPG

2021/11/18 13:16

鑑定書付き「関根伸夫」作の作品多数入荷しております。

1942年9月19日 - 2019年5月13日)は、日本の現代美術家、彫刻家多摩美術大学客員教授。埼玉県大宮市(現・さいたま市)生まれ。埼玉県と米カリフォルニア州に在住していました。

1968年から1970年にかけて「もの派」をリードする作品を次々に発表。その後、「公共空間を活性化させるアート」に関心を移し、1973年、環境美術研究所を設立。東京都庁舎シティーホール前の《水の神殿》をはじめ、さまざまなモニュメントやプロジェクトを実現しております。

 この作家の

   3号から30号まで

 の作品が入荷しております。

詳細につきましては、電話にてお問い合わせください。

 他にも洋画(元銀座月光莊取り扱い作品)などもございます。

 DSC_2923.JPGDSC_2924.JPG

2021/10/26 14:16

刀剣・西洋骨董などの入荷

脇差、二振り・西洋骨董(絵画・コップ&ソーサー・陶板画・ガレーなどのガラス製品)多数入荷しております。

お気軽にお越しください。

2021/10/26 14:05

刀剣・鎧・美術品等の委託販売や買い取りを行っております。

ご家庭で処分に困っている刀剣・鎧・その他美術品などの買い取りや委託販売をいたします。

ご自宅に伺う事も可能ですのでお気軽に電話してください。

   090-2871-8327

鑑定料・出張経費は、無料です。