唐津焼窯元 太兵衛窯の公式ホームページです。

 

 肥前の陶磁器生産は1580年代頃唐津市の岸岳城主波多氏が朝鮮の技術を導入し、岸岳城下で開窯したことに始まる。しかし、波多氏は文禄の役で豊臣秀吉に

改昜され、文禄3年(1594)常陸国に流された。その結果、保護者を失った岸岳周辺の陶工たちは離散した。

その後、肥前の陶器窯は伊万里や武雄地方など、佐賀県南部に広がる。一部は長崎県波佐見まで拡大した可能性がある。こうした陶器生産に、秀吉の朝鮮出兵後

に連れ帰られた朝鮮陶工が加わる形で肥前一帯に拡大した。

「多久家之候御書物写」に金ヶ江三兵衛が朝鮮より連れ帰られ(1598年)多久安順の元にしばらく預けられた記録から、多久安順の下にいた金ヶ江三兵衛を

頭とする朝鮮陶工で、多久から有田皿山へ移住した。新たな朝鮮の技術をもった三兵衛らが、唐人古場を築窯し、日本での陶器制作の試験焼成したと推測される。

唐人古場窯は1600~1610年頃の間の短期間操業であった可能性が高い。それに対し、高麗谷窯は出土品がより多彩なように、胎土目積階段の終末期に始まり、

三兵衛らが加わって陶器の試験焼成の始まりであり、1590年代末~1610年代前半頃と推測される。

高麗谷窯で、古田織部の影響を茶陶から、新たな高麗茶碗写しや白磁の試験的制作、白土を用いた装飾の陶器が始められるのが重要な特徴である。

太兵衛窯では、金ヶ江三兵衛の優れたデザインを現代社会に適した形で、北多久の土を使い多久古唐津の再現に至りました。

絵唐津、粉引、黒唐津、蛇喝、二彩唐津、唐津釉裏紅、唐津鈞窯、唐津流鈞窯、

河南天目黒釉銹花、斑唐津、唐津青磁、唐津白磁、瑠璃唐津、絵斑唐津、等々

    インフォメーション

    もっと見る

    写真

    • 唐津白磁魚文花瓶

    • 唐津白磁草文向付

    • 絵唐津沢瀉文茶碗

    • 三島唐津茶碗

    • 絵唐津草文向付

    もっと見る