商工会からのお知らせ

2020 / 10 / 08  17:25

令和2年度小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の追加公募について

 持続化補助金(コロナ特別対応型)の最終となる第5回受付(本年1210日締切)が追加されましたので、お知らせいたします。

 本事業は、新型コロナウイルスが事業環境に与える影響を乗り越えるために、具体的な対策(類型A:サプライチェーンの毀損への対応、類型B:非対面型ビジネスモデルへの転換、類型C:テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等(注1、注2、注3、注4)が、地域の商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。

 補助上限額:100万円(注5、注6)。

 なお、今後は事業再開が本格化することが期待されており、事業継続に関する業界別ガイドライン等に 基づいて行う取組みへの新たな支援を以下のとおり行います。

 ①持続化補助金〈コロナ特別枠〉のうち類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換)、類型C(テレワーク環境の整備)の補助率を3/4に引き上げる

 ②定額補助・補助上限50万円の事業再開枠 (業界横断的な感染防止対策)を創設

 

 正式な申請書類や公募要領等の詳細につきましては、別添資料及び関連リンクをご確認の上、応募を希望される方は正式な申請書類のダウンロードを行って申請ください。

 

(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社<企業組合・協業組合を含む>および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

(注2)「商工業者」には、医師・歯科医師・助産師や、系統出荷による収入のみである個人農業者等は該当しません。

(注3)上記の小規模事業者のほか、一定要件を満たす特定非営利活動法人も対象となり得ます。

(注4)商工会員、非会員問わず応募可能です。

(注5)補助対象経費150万円の支出の場合、その2/3の100万円を補助します。同様に、補助対象経費120万円の支出の場合は、その2/3の80万円が補助金額となります。

 また、補助対象経費180万円の支出の場合には、その2/3は120万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である100万円となります。

 なお、特例措置として、持続化補助金〈コロナ特別枠〉のうち類型B、類型Cの補助率を3/4に引き上げるとともに、定額補助・補助上限50万円の事業再開枠を創設します。

(注6)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が200万円~1,000万円となります。(連携する事業者数によります)

 

<別添資料>

 pdf 公募要領【第7版】.pdf (2.03MB)

 pdf 事業再開枠記載例.pdf (0.17MB)

 

<関連リンク>

 令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>申請様式

2020.10.28 Wednesday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる