名物みむろ最中本舗 白玉屋榮壽


名物「みむろ」は 弘化年間(1844~1848)に 弊舗の祖 初代 白玉屋榮壽が創めましたもので、爾来170余年の間 その製法を 一子相伝七代にわたって承けついで参りました。
この最中に「みむろ」と命づけましたのは、本舗の守護神 三輪明神 大神神社の御神体山 三(み)諸(むろ)山に因んだもので、夙に畿内の人々に大和上街道の宿場街の銘菓として 香り高き小豆の醸し出す格別の風味と焼きたての糯米の芳ばしさの調和を賞味され、さらに明治この方の交通通信の発展に伴い 広く全国の方々よりご愛顧を得ております。
又、昭和26年には 昭和天皇 香淳皇后に当地代表の銘菓として御嘉納の栄を賜り、その後も当地への行幸啓の折々には御用達に浴しております。
四季折々のお集いに、お茶のお席に、又 ご贈答に 精々御用命の程お待ち申し上げます。
尚、お召し上がりはなるべく風味充分な賞味期限(製造日より1週間)内にお願い申し上げます。

 

マイホームページはこちら

SCHEDULE

2024.05.23 Thursday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる