詳細情報

設備・機械の解体・撤去

使わなくなった設備・機械はございませんか? 弊社にて解体・撤去を行い、 解体工事に伴って産業廃棄物が発生した場合は、分別・処分まで適正な処理を一括で承ります。

廃液回収・処理

スクラバー・鍍金槽などの廃液処理を承ります。 廃酸・廃アルカリ ・ポンプ吸引 ・タンク内清掃作業 量や種類に応じた適切な対応を行います。 ※大型ローリー車の手配もできます。 ※ポリ容器、ポリドラムの支給。

廃棄薬品・試薬処理

薬品・試薬管理者様の お悩みを解決します ・試薬庫を整理したい ・少量の試薬の処分先が見つからない ・理科の実験で使用した試薬の処分に困っている ・倉庫に使用期限が過ぎた薬品がそのまま保管されている ・定期的に発生する薬品・試薬を処分したい 薬品・試薬などの物性は様々です。 これらの物質は取扱い方法を誤ると、取り返しのつかないケガや、環境汚染など深刻な問題を引き起こしかねません。 また、不要になった化学薬品・試薬をそのまま放置しておくと容器の破損や内容物の性状変化による危険があるだけではなく、ラベルの劣化などで内容物がわからなくなると処分費用が高くつくこともあるため早めの処分をお勧めします。 薬品庫に保管されたままの薬品、実験後の試薬など、薬品処分は豊富な知識と経験を持つ弊社にお任せください!

PCB汚染廃棄物

古い整流器・変圧器・コンデンサ等ご使用の方はご確認を! ご存知ですか?国が定めるPCB使用機器及びPCB廃棄物の処理期限は平成39年3月31日までとなっています。 (※高濃度PCBについては平成34年3月31日まで) 特に高濃度PCB機器は期限を過ぎると事実上処分することができなくなります。 早めに分析を行いPCB含有の有無また濃度の把握が必要です。 工場でお使い又は使用後保管されている整流器・変圧器・コンデンサ等 1989年以前に製造された物はPCBの含まれた絶縁油が使われている可能性があります。 弊社で検体の採取・分析を行います。 分析後、PCBの含有が認められた機器の処理については無料で見積もりを行います。
2022.08.11 Thursday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる