株式会社 山松 松田商店

北海道北斗市にある豆問屋です😊
北海道産の豆を選別し、全国へ販売をしています🥢
皆さまの食卓へ美味しい豆をお届けします🎁
 0138-77-6468
お問い合わせ

豆の種類

大豆(ダイズ属)

 

 栄養素がバランスよく含まれている為、『畑の肉』と呼ばれています。

 豆腐や味噌、納豆はご家庭で手造りすることができるので、お好みの豆で作ってみてはいかがでしょうか。

 ツルムスメm.png つるのこm.png 

   タマフクラ大豆   つるの子大豆 

 タマフクラm.png 黒m.png

   ツルムスメ大豆   光黒大豆

 

 

・ 小豆(ササゲ属)

 


 餡やおしるこ、おはぎ、羊羹など和菓子によく使われています。

 行事食の赤飯にも小豆は使われます。

 煮るときは水で戻さず、洗ってすぐ煮てかまいません。

 大納言m.png

  普通小豆    

 

 

・ 大納言小豆(ササゲ属)


 餡やおしるこ、おはぎに使われています。

 煮崩れしにくいことが特徴です。

 小豆と比べると、皮が硬く感じたりあっさりした風味に感じることがあります。

  小豆m.png 

    大納言小豆

 

 

・ 金時豆(インゲン属)


 煮豆や甘納豆に使われています。

 北海道では、赤飯を作る際に金時豆の甘納豆を使用することがあります。

 レッドキドニーの代用としてもお使いいただけます。

  金時m.png

  大正金時

 

 

・ 大手亡(インゲン属)

 白あんと言えば大手亡を指すくらい、主に餡に使われています。
 煮やすい豆なので、スープや煮込み料理にもよく合います。

 手亡m.png

   中長うずら

 

 

・ とら豆(インゲン属)


 煮豆と言えばとら豆を指すくらい煮豆に適していて、古くから『煮豆の王様』と呼ばれています。

 豆が柔らかく煮えやすいのことが特徴で、粘りがあってとてもおいしく仕上がります。

 トラ豆m.png

   とら豆 

 

 

・ 中長うずら(インゲン属)


 皮の模様が「ウズラの卵」に似ている事から、うずら豆と呼ばれています。
 煮豆はもちろん、煮込み料理によく合います。

 うずら2.jpg

  中長うずら

 

 

・ 白花豆(インゲン属)


 煮豆や甘納豆に使われています。

 少量の砂糖で甘煮にし、豆本来の味、しっとりした食感を味わっていただくのがオススメです。

 皮がやや硬い為、長めに煮込むとよいでしょう。   

 白花m.png

 

   白花豆

 

 

・ 紫花豆(インゲン属)


 煮豆や甘納豆に使われています。

 一般的な豆と比べると粒が大きく、煮くずれしにくいことが特徴です。

 紫花m.png 

    紫花豆    

 

 

・ 青えんどう(エンドウ属)

 うぐいす餡やうぐいす豆、豆ごはんに使われています。

 一般的には、グリーンピース(※1)やサヤエンドウ(※2)と呼ばれています。

 さやが硬い硬莢種(こうきょうしゅ)の種子を乾燥させたものを青えんどう豆と呼びます

※1 乾燥前の種子を食用とする場合の呼び方
※2 未熟の莢を食用とする場合の呼び方

 青エンドウm.png

 青えんどう豆

 

 

・ 赤えんどう(エンドウ属)


 みつ豆やあんみつ、豆大福に使われています。

 見た目はしわしわですが、水で戻すと丸くなります。

 日本では主に北海道で生産されています。

 赤エンドウm.png

 赤えんどう豆

2022.08.19 Friday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる