お知らせ

2020/07/21 12:37

自宅学習においてCPDSの申請が可能になりました

全国土木施工管理技士連合会(JCM)と(公社)全国火薬類保安協会が協議をすすめ、2020年度開催に限り、自宅学習でもCPDSの申請が可能になりました。申請は、遡って自宅学習開始時期より可能です。6月・7月受講の方でCPDSの申請を希望される方は、ご連絡ください。お問い合わせからご連絡いただければ、必要書類を添付し返信します。
2020/07/07 15:47

全火協よりのお知らせ(豪雨による火薬類の被害)

 全火協より豪雨による火薬類の被害状況のお知らせが来ました。今のところ府下では、被害は発生しておりませんが、今後火薬類の被害が発生した場合は、大阪府火薬類保安協会へお知らせいただきますよう、よろしくお願いします。随時全火協へ報告します。◯経済産業省の被害情報に、火薬類の被害(火薬庫等の冠水)に関する情報が掲載されました。経済産業省 被害情報   https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200707008/20200707008.html
2020/07/01 09:11

全火協よりのお知らせ(保安検査の延長措置)

 経済産業省において、新型コロナ感染症のまん延を防ぐとともに、事業者が十分な感染拡大防止策を講ずるための環境整備の必要性に鑑みて、 規則第44条の2に基づく保安検査の実施期間及び保安検査申請書の提出期限を、4か月延長する措置(省令改正、告示制定)が行われました。 上記の措置内容のほか、次のとおり保安確保に係る注意点について掲載されています。 なお、本件は9月30日までの時限措置となっています。 ◯保安の維持 事業者が上記特例措置を活用される場合、以下に掲げる事項が適切に行われるよう特段の配慮をお願いいたします。 (1)法令に規定する技術上の基準に適合するように維持すること。 (2)事故の発生防止及び不具合の早期発見のため、日常点検を強化すること。 (3)危険時に速やかな通報、応急措置等が行えるよう体制を確保しておくこと。