お知らせ

2018-04-10 14:34:00
IMG_6216.PNG

皆様、こんにちは。

いつもたいへんお世話になります。

シンシア博士の6月来日により、お申込みが増えております。ご利用いただきましてありがとうございます。

現在、2年待ちとなっております。

今回、セッションにお入りいただけない方もたくさんおみえです。

たいへん申し訳ございません。

 

アメリカからもリーディングセッションができます。

お入りいただけない方は、
「遠隔リーディング」をオススメしております。
3つのコースからお選びいただけます。

 

1. 遠隔ヒーリング

2. 遠隔リーディング

3. 対面式 遠隔リーディング

 

⚫︎「遠隔リーディング」だと、

得られる情報量が少なくなるのでは?というお声をいただきますが、


情報量では、遠隔の方が直接お会いさせていただくよりも多くなります。なぜなら、お客様のエネルギーが揺れないので、気付かないうちにリーディングができ、情報をスムーズに読むことができます。


⚫︎「対面式 遠隔リーディング」
直接お会いさせていただくのと、ほぼ同じ情報量のリーディングが可能です。

お電話、LINE、スカイプなどでお話させていただきます。

 

⚫︎「遠隔ヒーリング」

シンシア先生がご質問にお答えさせていただき、ヒーリングのエネルギーをお送りいたします。※このコースのみ、ご本人様のみのご質問に限らせていただきます。


※いつものようにご質問、気になる方のお写真からリーディングさせていただきます。

料金は、遠隔リーディングの場合、
来日して直接お会いしてのリーディングセッションよりも少しお安くなります。

遠隔コースもご好評をいただいております。
2年もお待ちいただくことはございません。


1週間にお一人様のご予約となっております。


こちらもどうぞご検討くださいませ。

※遠隔コースにお入りいただきましても、

来日時のご予約がなくなることはございません。

 

※ホームページ「お問い合わせ」より

いつでもお尋ねくださいね。


 


2018-04-08 07:55:00
IMG_6253.JPG

親子カウンセリング

お子さんのことで、「通院しお薬でというのは、何か違う気がするけれど、友達や周りに相談しても限界がある。と感じている親御さんたち。または、子どもさんとの関係で行き詰まっている、福祉関係の施設職員の方々の声からできたカウンセリングの形です。カウンセラーと親御さん/職員さんが、子どもさんのファンクラブの会員で、お子さんがもっと輝けるように、お子さんの良いところを、伸ばして行こうというイメージです。

 

アメリカ大学院でカウンセリングを学び、乳児院、養護施設でカウンセラー、童自立支援施設研究生、高校講師など、子どもに関する仕事に長年従事している経験活かし、そのお子さん/親御さん/施設職員さんにあった方法を一緒に探し、今あるチャレンジを共に乗り越えて行くというアプローチです。

 

具体的には、認知行動療法や脳的アプローチ、エネルギー的視点を中心に、①思考の変え方 ②心が傷ついた時の緊急処置の方法を実際の生活で生かせるように、何度も練習しトレーニングして行きます。

 

答えは自分の中にあるので、自分の問題は、他の人に解いてもらうことはできません。ですので、親御さん/職員さんが子どもさんに代わって、問題を解くことはできません。しかし、親御さん/職員さんがご自分の問題を解いて行くと、お子さんの問題を違う視点で見るようになれ、今までとは、違ったサポート方法を取ることができます。

 

また興味深いことに、子どもさんのチャレンジと、親御さん/職員さんのチャレンジに共通点が多く、親御さん/職員さんが自分のチャレンジに取り組み出すと、なぜか関係のないように見える、お子さんのチャレンジが動き出したりします、そしてその逆もまた然りです。

 

よって、この親子カウンセリングという形で、子どもさんだけでなく、親御さん/職員さんにも、①思考の変え方 ②心が傷ついた時の緊急処置の方法を学んで頂き、カウンセリング終わっても、今後、それらの方法を一緒に、お子さんと練習し、それぞれの人生を、自分を主人公にし、楽しんで行って頂きたいのです。

 

現在、アメリカに在住しているので、カウンセリングは、スカイプ/ラインのビデオ通話に成ります。(バージニア州ノーフォーク市/バージニアビーチ市近郊にお住まいの方は、通常の対面式のカウンセリングセッションを行っています)

 

料金 

初回   3時間 —2万円(お子さん1.5時間 親御さん/職員さん1.5時間)

初回以降 1.5時間  —1万円  (お子さんか親御さん/職員さん 1.5時間)

 


1