G-office

山本義人オフィシャルウェブサイト

プロフィール

山本義人(やまもと ぎじん)

<声楽家 テノール> <指揮者> <合唱指揮者>

 

(C)藤井亜紀

 

日本大学芸術学部音楽学科卒業。大学在学中にオペラ「ルチア」公演でデビュー

以後、多数のオペラの役を歌う。「バーンスタイン・ミサ」(井上道義指揮)、読響定期

ロジェストベンスキー指揮)を初め、第九、モーツァルト・レクイエム、戴冠式ミサ、ジューベルト・ミサ、

ヨハネ受難曲、カンプラー・レクイエム等のテノールソロを歌う。

1988年より指揮活動を始め、東京カンマーフィルハーモニー有志によるオーケストラとTGY合唱団

の合同演奏において指揮者デビュー。室内楽などを指揮。その後、東京音楽大学において後進の

指導にあたりながら合唱指揮者として、ウラディミール・アシュケナージ、チョン・ミョンフン、

汐澤安彦、広上淳一の各氏と共演し演奏会の成功へ寄与している。

 

1997年東京音楽大学オランダ公演に同行。

 

2005年ウィーンでの合唱指導が認められ「世界合唱フェスティバル2007」日本代表指揮者

指名ちの賛辞を得た。

2008年プラハにて、「モーツァルト・レクイエム」公演の合唱指揮。数々の公演の合唱指揮を担当し、

演奏を成功に導いている。

2011年 TGY合唱団第1回演奏会でラミレスの「ミサ・クリオージャ」の指揮とテノール ソロを歌い絶賛された。

2012年 アンサンブル・オビリー、アンサンブル・ジムニカ(TGY合唱団第2回演奏会)を指揮。

その後、ウィーン楽友協会にて アンバサーデオーケストラ・ウィーンを指揮し、ヨーロッパデビューを果たす。

 

現在。9団体の常任指揮者。「ぎじん会」主宰。 二期会会員。

Today