リフレシアについて

2020-01-12 14:30:00
_DSC2824.JPG

乳酸菌といえばヨーグルト!腸に良いことくらいは知っているけれど

実際はどんなカタチでどんな働きをしているかは…??ですよね

リフレシアに配合されている乳酸球菌とはいったい何者なの?


乳酸菌という名前
野菜にはたくさんの種類があります。
大きく分けると世界には800種以上あると言われています。
品種をもっと細かく分けたら、その数倍?と見当がつきません。
乳酸菌も同じで、とても大きなくくりの呼び名です。
ひとつの菌ではなくその種類は数千以上もあるのです。
また、その性質や働きもそれそれ違います。

 

乳酸菌の働き

生きた乳酸菌は自然界のさまざまな場所に存在しています。
キムチ、ぬか漬け、味噌などをつくる植物と過ごす乳酸菌や
ヨーグルトやチーズなどをつくる動物と過ごす乳酸菌がいます。
その中でもヒトのおなかで過ごす乳酸菌は善玉菌のひとつで
悪玉菌の抑制やヒトが食べた物の消化の助けなどをし
腸内の環境を整えることに一役かってくれています。

 

乳酸桿菌と乳酸球菌

乳酸菌とは「乳酸をつくりだす細菌」の総称で
実は乳酸菌という細菌は存在しません。
ヒトへの働き方や構造、成分などが似ている菌もいれば
全く違う菌もいます。形や大きさも千差万別で

長細い棒状(桿菌)であったり、丸い形の球状(球菌)もいます。
平均して球状の方が小さめですが大きさもまちまちです。
そして、数百種類とも言われています。

 

生きていなくても大丈夫の意味

そして乳酸菌にも寿命があります。
活動出来なくなってしまった菌は、種類にもよりますが
自身の成分を他の善玉菌や免疫細胞に提供し栄養源にさせます。
それらが活性化することでヒトは元気に生活ができるのです。
乳酸菌は、私たちの生活やからだにとってとても大切な存在といえます。
これからの研究で、乳酸菌の新たな活躍が解るかもしれません。

 

免疫細胞を活性化

数ある乳酸菌の中で形が丸いグループ(乳酸球菌)は
人の腸の中に存在しとても身近な細菌でしたが
あまり研究が進んでいませんでした。
乳酸球菌の特徴は免疫細胞を活性化するチカラが他の乳酸菌と比べて

かなり高く、その成分は細胞を囲むうすい膜のため
細胞自身が生きていなくても効果があることです。
野菜が不足していると言っても、中に入っている栄養素に

違いがあるため人によって必要なものはまちまちです。
それは乳酸菌も同じであり、目的によって種類だけではなく

接種の仕方などを知ることで、より効果的に働きかけてくれるのです。

 

世界初!新型乳酸球菌を配合した

オールインワンジェル・リフレシア

その乳酸球菌の名前はエンテロコッカスフェカリス菌(EF621-K)です。

普通の生活では聞いたこともない舌を噛みそうな長い名前ですね。

代表的な乳酸菌の5分の1程度のナノサイズの大きさなので

ジェルに配合することによって、細胞ひとつひとつに届きやすく

細胞壁の成分であるペプチドグリカンやリポタイコ酸が

免疫細胞を活性化させて素肌を美しく保ちます。

リフレシアはこのタイプの乳酸球菌を世界で初めて

オールインワンジェルに配合しました。

 

乳酸球菌3000億個配合、だけではなく

素肌のコンディションを素早く整えるため、ヒアルロン酸・天然セラミド
コラーゲン(水溶性・加水分解)スクワランオイルなどのうるおい成分を
たっぷり配合しているので、一日中しっとりなのに、べたつかないのが

毎日気持ちよく使い続けられるおすすめポイントのひとつです!

乳酸菌メーカーだからできた他にはない

画期的なオールインワンジェル・リフレシア

どうぞあなたの素肌でお確かめください!

初めての方でも試しやすい

約1か月分40g入は葉々屋だけが扱っております

https://yoyoya.shop-pro.jp/?pid=146004837