在宅医療 (在宅総合診療)

≪在宅総合診療とは≫

病院での定期的な診療・処方が必要であるにもかかわらず、様々な理由により通院ができない患者さんに対して、

本人 ・ 家族の同意を得た上で、医師が直接ご自宅に伺って

計画的かつ継続的な医療管理を行うことです。

* 往診との違い往診とは突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合などに、普段からお世話になっているかかりつけ医にお願いして診察に来てもらうもので、基本的には困ったときの緊急手段です。

 

○在宅医療のメリット

住み慣れた環境で療養できるので、本人の生活の質の維持 ・ 向上が望めます。

また、通院する際にかかる 時間 ・ 経済的(交通費等) ・ 労力(通院介助等)の負担軽減することができます。

 

○在宅医療のデメリット

外来受診とは違い往診料(出張費)がかかります。

機材等が揃っていないためご自宅での検査等できないことがあります。

 

* ご自宅へ伺う回数につきましては、基本的には診療計画に則ったうえで 月2回 となります。

緊急時はこの限りではありません

在宅医療をお勧めする方

 

*  慢性的な病気をお持ちの方

* 通院しにくい状況にある方

* 施設ではなく住み慣れた環境で療養生活を送りたいと希望されている方         

 

はじまるまでの流れ

当院の医師・看護師にご相談ください(お身体の状態についてお話を伺います。)

                       

当院、医師・看護師がご自宅を訪問し診療させていただきます。

※ お身体の状態によってはご来院の上検査をお受けいただく場合がございます。

 

* 緊急時対応

 当院へ、連絡していただきますと、外来の担当看護師が状態確認いたします。

 その後、医師へ報告し、指示の元、往診か救急搬送の判断をします。

 夜間・祭日は病棟看護師が、医師へ連絡いたします。

 

何かご不明な点がございましたら、医師、看護師にお尋ねください。