チャクラ調整

2018 / 03 / 08  14:23

チャクラ調整

 チャクラ3.jpg

第1のチャクラ
ムーラーダーラ・チャクラと呼ばれ、脊柱の基底にあたる会陰にあります。「ムーラ・アーダーラ」とは「根を支えるもの」を意味します。
ヒンドゥー・ヨーガの伝統的なチャクラの図では、赤の四花弁をもち、地の元素を表象する黄色い四角形とヨーニを象徴する逆三角形が描かれていて三角形の中には蛇の姿をした女神クンダリニーが眠っています。『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は金色です。                           「生命力」のエネルギー
第2のチャクラ
スワーディシュターナ・チャクラと呼ばれ、陰部にあります。「スヴァ・アディシュターナ」は「自らの住処」を意味します。朱の六花弁を有し、水の元素のシンボルである三日月が描かれています。『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は金色です。                                                     「自立」のエネルギー
第3のチャクラ
マニプーラ・チャクラと呼ばれ、腹部の臍のあたりにあります。「マニプーラ」とは「宝珠の都市」という意味です。青い10葉の花弁をもち、火の元素を表す赤い三角形があります。『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は黄金色です。       「信頼」のエネルギー
第4のチャクラ
アナーハタ・チャクラと呼ばれ、胸にあります。12葉の金色の花弁をもつ赤い蓮華として描かれ、中に六芒星があり風の元素に関係します。「アナーハタ」とは「二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音」を指します。『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は真紅です。  「愛」のエネルギー
第5のチャクラ
ヴィシュッダ・チャクラと呼ばれ、喉にあります。くすんだ紫色をした16の花弁をもち、虚空 アーカーシャの元素と関係があります。「ヴィシュッダ・チャクラ」は「清浄なる輪」を意味します。『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は黄金色です。                                                「表現」のエネルギー 
第6のチャクラ
アージュニャー・チャクラと呼ばれ、眉間にあります。2枚の花弁の白い蓮華の形に描かれます。「アージュニャー」は「教令、教勅」を意味します。「意」(マナス)と関係があり『シヴァ・サンヒター』で言及されているチャクラの色は白色です。                           「直観」のエネルギー
第7のチャクラ
サハスラーラと呼ばれ、頭頂にあります。千の花弁の蓮華(千葉蓮華)で表象されます。千手千眼はこのチャクラのことです。他の6つのチャクラとは異なり身体次元を超越しています。       「叡智」のエネルギー

 

 

 

 エネルギー調整装置で

これら7つのチャクラの

調和をとることで 

「美容」「健康」「癒し」を 

実現します。

レヨコンポ.jpg

30分  6,000円

エネルギー調整水

500mm  3本付

第1チャクラ~第7チャクラまでの

7種類のエネルギー調整。

  1. 「生命力」のエネルギー
  2.  「自立」のエネルギー
  3. 「信頼」のエネルギー
  4. 「愛」のエネルギー
  5. 「表現」のエネルギー 
  6. 「直観」のエネルギー
  7. 「叡智」のエネルギー

予約は こちら

チャクラ4.jpg

チャクラ1あ.jpgチャクラ2あ.jpgチャクラ3あ.jpgチャクラ4あ.jpgチャクラ5あ.jpgチャクラ6あ.jpgチャクラ7あ.jpg

 

HUピラミッド2.JPG

 

予約は こちら

1