東海愛知経営支援協同組合・師崎商工会について

「東海愛知経営支援協同組合」および「師崎商工会」は、企業が「外国人技能実習生」を受け入れるための窓口となる「監理団体」です。
受入企業が技能実習に専念できるよう、技能実習生の在留資格取得手続きを始めとした各種申請業務・現地とのやり取り・技能実習生に対する日本の言語や文化の教育等を行っています。

 

外国人技能実習生制度とは、日本の企業が外国(主に開発途上国)の若者を「技能実習生」として受け入れ、実務を通じて技能・技術を学んでもらうことで、母国の経済発展を担う人材を育てる「人づくり」を目的とした公的制度です。
技能実習生は一般的に、師崎商工会や東海愛知経営支援協同組合のような「監理団体」を通じて受け入れることが可能です。入国した技能実習生は受入企業(実習実施者)と雇用関係を結び、技能実習に入ります。

 

詳しくは師崎商工会のホームページをご覧ください。

>>師崎商工会のホームページはこちら

2021.04.15 Thursday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる