私どものバーンインボード事業は、プリント配線板メーカーの実装事業の一部として

1989年高信頼性輸入部品のスクリーニング用バーンインボードの開発より開始しました。

その後、自社のプリント板の先端要素技術を世界に先駆けバーンインボードへ投入し、

様々なバーンインボードを国内外のお客様に長年に亘りご提供して参りました。

 

2017年より昭和産業へのバーンインボード事業の移管を機に、

30年余りの経験と蓄積されたバーンインボードへの技術知見をもとに、

昭和産業のODM OEM事業として培った回路設計技術や部品実装設備環境と融合させ、

設計から製造までの一貫生産のもと、お客様 パートナー企業様と共に

バーンインボードへのイノベーションを創造して参ります。