中小企業サポーター宣言

南九州市商工会は,あなたの企業経営を広域ネットワークで支援します。

 

令和3年7月17日(土)開催を予定の「知覧ねぷた祭」,令和3年7月25日(日)開催予定の「川辺祇園祭」,令和3年8月22日(日)開催予定の「えいのゴッソイまつり」は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため,開催を中止することとなりました。

 

 

疫病収束祈願花火と南九州市の様子

花火は南九州市商工会青年部主催,令和2年12月1日(火)に打ち上がりました。

 

令和3年3月22日に鹿児島県知事より事業継続力強化支援計画の認定を受けました。

計画に基づき南九州市事業継続力強化支援計画を公開いたします。計画に基づき会員さまのBCP作成支援等に積極的に取り組んでまいりますので,商工会へご相談ください。

pdf 事業継続力強化支援計画の概要.pdf (0.12MB)

pdf 【南九州市商工会】事業継続力強化支援計画.pdf (1.14MB)

 

 

 

「感染拡大警報」の発令に関する鹿児島県知事メッセージ

新型コロナウイルス感染防止対策の県民の皆さまへのお願い

                                                                     令和3 年6 月4 日

(新型コロナウイルス感染症対策室)

■ はじめに

○ 県民の皆さまの命を守るために,日夜献身的に貢献していただいております医療従事者の皆さま方,そして感染防止にご協力をいただいております全ての関係者,県民の皆さまに感謝を申し上げます。

 

■ 感染状況(経緯)と警戒基準の指標

○ 本県の感染状況は,5月に入ってから感染が急速に拡大し,連日50人,60人規模といった過去最多の感染者も記録され,直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が18人を超える。また,病床の占有率も3割を超えるといった状況で,医療提供体制が逼迫する懸念があったということで,5月7日に,こうした状況を総合的に判断をいたしまして,ステージをⅡからⅢに引き上げ,併せて,5月23日までを期間とします感染拡大警報を発令をいたしました。また,感染者数が多かった,当時ですね,鹿児島市など3市2町の飲食店の皆様方に対しまして21時までの営業時間短縮の要請を行ったところでございます。

○ その後,新規感染者数が1日に30人から40人程度というふうになりましたけれども,直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が依然として18人を超えて,また,病床占有率も6割前後と非常に高い水準であったことから,5月20日にステージⅢを維持し,感染拡大警報を6月6日まで延長することを決定したところでございます。また,感染者数の多い鹿児島市,霧島市,出水市の飲食店に対しまして,21時までの営業時間短縮の要請を行っているところであります。

○ 来週,6月6日が期限となっておりますので,今般この取扱いについての協議をしたわけでございますが,ここ数日の新規感染者数は,先ほど申し上げたような一時期よりは減少したものの,依然として連日20人から30人程度の新規感染者数が確認をされるなど下げ止まってということでございます。また,クラスターも各地で続発しております。人口10万人当たりの新規感染者数は,直近の一週間で11.3人ということでステージⅡの水準となっておりますが,病床占有率は3割を超えるということで,依然として警戒が必要な状況にあると考えております。

 

■ 医療提供体制の危機感

○ 感染者の年齢構成を見てみますと,10歳代以下の感染者が依然として多い,また20歳代から50歳代以下が約8割というふうになっております。20歳代から50歳代の方でも中等症Ⅱ以上というふうな重症化リスクがあるという状況もケースも出ておりまして,入院患者のうちの中等症Ⅱ以上の患者数は,警報の発令時,先ほどの5月20日の時点よりは減少しておりますけれども,未だ40人前後という状況でございます。

○ また,直近の検査で変異株でございますけれども,感染力が強くあるいは若い方でも重症化リスクがあるという指摘があるこの変異株の割合が9割を超え,英国株に続き,最近ではインド株も,本県において,九州初となる3例が確認をされています。

○ また,入院患者に占める60代以上の高齢者の割合が,警報発令時の3割から6割程度に増えてきております。高齢者施設でのクラスター防止など,医療の提供体制の逼迫を防ぐためにはしっかりと取り組んで行く必要があると考えております。

○ 医療提供体制につきましては,最大確保病床を397床から419床にさらに増床し,宿泊療養施設も587室から762室にしたところございますが,高齢者及び重症・中等症の患者の状況等を見ますと,医療提供体制の逼迫の懸念が依然としてあるというふうに考えているところであります。

 

■ ステージ判断等

○ こうしたことから,感染拡大の警戒基準におけるステージⅢを継続し,「感染拡大警報」についても,6月の20日までの2週間,延長することといたしました。

○ なお,本県における「感染拡大の警戒基準」につきましては,先般,政府分科会において,ステージ判断の指標等の精緻化及び補強を目的として,提言の見直しが行われたことを踏まえ,このたび,本県においても,「感染拡大の警戒基準」を見直すことといたしました。

 

■ 営業時間短縮要請

○ 現在,鹿児島市と霧島市,出水市の飲食店を対象とした営業時間短縮の要請につきましては,出水市については新規感染者数が減少したことなどから,予定通り6月6日をもって終了することといたします。

○ 鹿児島市につきましては,鹿児島県の県都として最も人口が多く,大きな繁華街を有しており,クラスターが発生場合の影響も大きいというふうに考えております。同市の直近1週間の感染者数は県内でもっとも多い80人を超える規模となっており,また,感染拡大の火種が依然としてあちこちに残っている。感染拡大のリスクが高いという状況にあるというふうに思っております。従いまして,このまま営業時間短縮の要請を終了いたしますと再び感染者が増加をし,医療提供体制の逼迫を招く恐れがあるというふうに考えておるところでございます。鹿児島県医師会からもそうしたことを踏まえて延長について要望があったところでございます。

○ また,霧島市につきましては,直近の1週間の新規感染者数が63人ということで,依然として非常に多い水準になっておりまして,また人口10万人当たりの新規感染者数も50人を超える水準というふうになっております。

○ このようなことから,県民の皆様方には大変申し訳ないと思っておりますが,鹿児島市と霧島市につきましては,6月7日から6月20日までの2週間,飲食店に対する21時までの営業時間短縮を要請をいたします。

 

■ PCR検査の拡充等

○ 次に,新規感染者が継続的に発生し,大幅な減少が見られない今の鹿児島市,霧島市におきましては,これ以上の感染拡大を防ぎ,感染者数をさらに低減させるため,現在実施しております飲食店の感染防止対策の現地調査を更に加速することとしております。

また,飲食店や児童施設の職員を対象といたしまして,PCR検査等を行うことといたします。

 

■ 県外との往来等

○ 次に県外との往来につきましては,これまで全ての県外との不要不急の往来自粛をお願いしておりましたけれども,今後は,感染拡大地域との不要不急の往来について,自粛をお願いいたします。また,感染拡大地域からの不要不急の来県についても自粛をお願いをいたします。

 

■ 今後の感染防止対策

○ 次に県内におきまして,先ほど申し上げましたが10歳代の感染が急速に拡大しております。特にスポーツ大会等に参加する際,会場内や宿舎等における感染防止対策や健康管理を徹底していただくようお願いいたします。なお,高校生等が今後県外での大会などに安心して参加できるよう,県外でのイベント等に参加し,帰ってきた選手等を対象にPCR検査を行うことを考えております。

○ また,高齢者の感染の拡大を防止するために高齢者入所施設等における感染を防ぐために,抗原簡易キットの配布をいたします。

○ また,家庭内における感染が増えていることから,また家庭内においてのお子さんへの感染も多いことから,家庭内の感染防止対策のためのチラシの配布を学校等を通じてすることとしております。

○ また,職場内においても,改めて感染防止対策を徹底するため,職場内に掲示するチラシの配布をすることとしております。

 

■ 新型コロナワクチン

○ 次にワクチンについてでございます。新型コロナのワクチンにつきましては,市町村におきましては,希望する高齢者が7月末までに2回の接種を終えることができるよう,今最善の努力をしていただいているところでございますが,県といたしましては,医師や歯科医師,看護師を市町村の要請に応じて派遣することとしております。また,今後のワクチン接種を確実に終えるため,県による大規模接種会場の集団接種を鹿児島市と鹿屋市で実施することとし,接種の加速化を図ることとしているところでございます。

○ 国においては,高齢者の接種の見通しがついた自治体から,各自治体の判断で順次,基礎疾患を有する方を含めて,広く一般にも接種を進めるとしているほか,企業や大学等の職域単位で接種も開始するというふうにしておりますことから,県としても,今後,こうした国の方針に沿って市町村でのワクチン接種が円滑に進められ,少しでも早く,県民の皆さまがワクチンを接種できるよう,必要な支援に努めてまいります。

 

■ 最後に

○ 最後に感染経路が不明な感染者も増えてきております。いつ,どこで自分が感染するかもしれない,あるいは無症状のまま気付かないうちに周りの人に移してしまうことがあるかもしれない状況に依然としてあります。

○ 有症状であるにもかかわらず,出勤したことにより,その勤務先でクラスターが発生したという事例も複数ございます。体調不良の場合には無理して出勤せず,きちんと受診・検査を受けてくださいますようお願いいたします。

○ また会食につきましては,いつものお願いですが「少人数,短時間で開催」,「感染防止対策を徹底している店舗を選んで,そこの店の取組に協力をする」「会話時はマスクを着用し,食べながらの会話を控える。黙食・静食に努める。」といったことや「体調が悪い人は参加しない」といったような,感染リスクを下げる対応をお願いをいたします。

○ 全ての県民の皆さまに,改めて,今後の感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。手洗いやマスクの着用,人と人との距離の確保,換気の徹底など基本的な感染防止対策を,今一度,徹底してくださいますようお願いをいたします。

○ 併せて,これもいつものお願いでございますが,感染者やその家族,治療にあたっている医療機関とその関係者等に対する不当な差別や偏見,いじめ等がないよう,正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。

〇感染の再拡大を防ぐために,ここで気を緩めることなく,県民皆様一丸となって,危機感を持って,感染防止対策に今後も引き続きしっかりと取り組んでまいたいと思いますので,是非ともご理解とご協力ををよろしくお願い申し上げます。

  

pdf 知事メッセージ.pdf (0.15MB)

 

pdf 営業時間短縮要請(よくある質問).pdf (0.62MB)

商工会について

組織名 南九州市商工会
住所 鹿児島県 南九州市川辺町平山6978
電話番号 0993-56-0247
FAX番号 0993-56-1987
支所情報 頴娃支所
〒891-0702
南九州市頴娃町牧之内2796
TEL 0993-36-0380 FAX 0993-36-2900

知覧支所
〒897-0302
南九州市知覧町郡17859
TEL 0993-83-2531 FAX 0993-83-2901
その他
 
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる