二宮尊徳

二宮尊徳こと、二宮金次郎は1822年、小田原藩主から下野国桜町(真岡市物井)の復興の命を受け、役人として桜町陣屋に赴任しました。当時の桜町は田畑、人心ともに疲れ切った状態であり、尊徳は早朝から一軒一軒訪ね歩き、勤勉を勧め、善行者を表彰したり独自の仕法を行い、桜町は豊かな村に生まれ変わったのです。

尊徳が自ら体得した「勤労」「分度」「推譲」の報徳の教えは、天保の大飢饉にも生かされ多くの多くの人々を救済し、全国610箇所の郡村の復興を成功させました。

基本情報

企業名 にのみや地域観光情報
住所 栃木県
最寄り駅
道順
電話番号 --
その他

お問い合わせ





2022.06.30 Thursday
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる