秋田相続登記・遺言・会社設立は秋田市の司法書士荻原正樹|司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

秋田の相続・相続登記・遺言・相続放棄・法定相続証明・会社設立・抵当権抹消・債務整理・離婚など、皆様の身近な問題の解決を迅速にお手伝いすることで安心をお届けいたします。
 018-827-5280
お問い合わせ

法定相続情報証明制度

相続秋田 法定相続情報証明制度秋田 秋田市の司法書士荻原正樹 司法書士おぎわら相続登記事務所秋田

 

 法定相続情報証明制度 

 

法定相続情報証明制度といっても、どのような制度かお分かりになられない方が多いのではないでしょうか。

法定相続情報証明制度とは、平成29年5月29日から、秋田地方法務局を含む全国の法務局で開始された制度です。

この法定相続情報一覧図の作成・提出及び法定相続情報一覧図の写しの交付を受けることができるのは、基本的には相続人ですが、司法書士を含めた一定の士業者が代理人として行うことが認められています。

この法定相続情報証明制度は、相続人の相続手続の負担を軽減することを目的として定められた制度です。

例えば、預金・貯金をしていた方がお亡くなりになったことによって、相続人が、金融機関に対して預貯金の払い戻しを請求する場合や、また、不動産を所有していた方がお亡くなりになったことによって、相続人が、法務局に対して不動産の相続登記を申請するためには、相続関係を証明するために必要な戸籍等関係書類一式を提出する必要があります。

しかし、通常、この戸籍等は複数に及ぶため、いちいち金融機関等に持ち込むことは相続人の皆様の手間となります。

そこで、一定の手続きを取ることによって、この戸籍等一式に代わるものとしての「法定相続情報一覧図の写し」を法務局より取得し、これをその後の預金・貯金の名義変更・解約等に使用できるようにしたのが、法定相続証明制度です。

写しの取得後は、この「法定相続情報一覧図の写し」を戸籍関係に代わる書類として金融機関等に提出できます。

この法定相続証明制度を利用するためには、戸籍等必要な書類を添付して法務局に提出する必用があります。

当事務所では、不動産の相続登記のご依頼をお受けした際のみならず、預金・貯金の相続等に関して戸籍等の提出を要する手続きのための「法定相続情報一覧図の写し」の取得のご依頼も受け賜っております。 

*なお、費用につきましてはこちらをご参照ください→費用の目安

 

*相続税の申告用のためにも法定相続情報一覧図の写しを利用できるようになりまし

 税理士の先生からのお問合せもお待ちしております

 

法務局.png 

 

 

法定相続情報証明制度のご利用をご検討の方は、お気軽に当事務所までご相談ください。 

法定相続情報証明制度秋田 秋田市の司法書士荻原正樹 司法書士おぎわら相続登記事務所秋田 

2018.11.18 Sunday