松阪飯南森林組合

 0598-32-3516
お問い合わせ

SDGsへの取り組み

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。(外務省ホームページより)

sdg_poster_ja_2021_page-0001.jpg

 

松阪飯南森林組合の取り組み

 松阪飯南森林組合は森林を適正に管理することで地球環境を守ることに貢献するとともに、森林資源の有効活用を通して持続可能な健康で豊かな森を育てることに取り組んでいます。
※令和4年度実績

 

sdg_icon_07_ja_2.png

 木質バイオマス発電用材の供給 3,904トン

 市場に出材しても売れない間伐材や山に放置された間伐材などを買い取り、木質バイオマス発電に利用する「森林活(もりかつ)プロジェクト」を行っております。

 

 

sdg_icon_15_ja_2.png

再造林の促進 4.99ha

 伐採後に再度苗木を植栽し、次世代へ安定的な木材資源を供給していけるよう、再造林の促進を行っております。

  

 

sdg_icon_15_ja_2.png

搬出間伐の推進 5,166㎥

 間伐した木を木材市場等へ搬出し、森林資源の有効活用に努めています。

 

 

sdg_icon_12_ja_2.png

木製家具等の製作 約24,286台

  間伐材等を利用した木製家具等を作成し、間伐材の有効活用に努めています。

 

2024.07.13 Saturday