和モダン料理

 4月の和モダン料理

 たけのこ御飯

IMG_7295.JPG 

沢煮汁

 IMG_7292.JPG

たけのこの土佐煮

IMG_7283.JPG

 木の芽和え

IMG_7277.JPG

ふきの信田巻

IMG_7089.JPG

サーモンの幽庵焼き

  IMG_7090.JPG

 豆腐白玉の抹茶シロップ

IMG_3757.JPG 

和モダン貴族料理参加者募!

* 和モダン貴族料理メニュー *

 

● 日時:第2日曜日10:00~12:00頃まで

● 料金:5,500円

 

3月の和モダン料理です。

 

 奈良時代には律令制が整備による、天武天皇(675年)による牛馬犬猿鶏の肉食禁止令がだされました。

天武朝の肉食禁止令は、あくまでも儀礼の中での肉食の禁止をうたっていると言われてます。

平安貴族が食べていたものとしては、イワシやアユといった魚介類がメインの動物性タンパク源でした。

京の北山あたりでは鳥類、イノシシ、クマなどの狩猟が盛んに行われ、それはもちろん肉のほかに皮革の生産が目的であったことでしょう。

やはり平安貴族の食事は動物性タンパクとしては魚介類が中心でその流れを受け継いでいるのが懐石料理と思います。

これはあくまでも私個人の考えなのですが、一条天皇の時代、清少納言に対抗して文化サロンが登場しました。

中宮彰子の文化サロンには紫式部、和泉式部、赤染衛門、いせのたいふによる女流作家、かな文学が花開く時代で、その中から世界が認める「源氏物語」が登場しました。

政治的には憲法9条に似た法律によって軍隊が存在しない時代背景に対して、懐石料理の時代はまさに戦国時代であり、懐石料理は男性的な作法です。

私は女性の細やかで繊細な源氏物語から想像される平安貴族の料理、そして精進料理と懐石料理の優しい部分を取り入れた料理をレシピしました。

※ 都合により、料理内容を変更する場合もあります。

あらかじめご了承ください。