高成牧場のご紹介

[信濃美味牛の高成牧場】のHPへようこそ。

高成牧場は昭和53年創業、肉牛生産農場として初代代表、高塚 洋次と成沢 勝 氏と共に共同経営としてスタートしました。

お気づきになられたと思いますが、この両者の苗字の頭文字を一字ずつ取り屋号を高成牧場(こうせいぼくじょう)にしました。

当初はジャージー牛やホルスタインの去勢牛、和牛とホルスタインを掛け合わせた交雑牛(F1)、いわゆるボトク(牡犢)と呼ばれる畜種や、

今では熊本県や高知県などごく限られた地域でしか使用されていない赤毛和種(あか牛)などいろいろな畜種を肥育する牧場としてスタートしました。

しかし、スタートして数年後共同経営者の成沢氏が急死という悲しい出来事が…

故人の思いを受け継ぐ形で初代代表の高塚 洋次がその後の事業を引き継ぐ形となりました。

 

その様な中、牧場経営において転機が訪れました。

 

昭和60年代に入りこれまで肥育していたボトクを1頭販売すると【黒毛和牛】の子牛が1頭買える金額という時代が到来。

この頃に一気に黒毛和牛専門の肥育牧場として生まれ変わりました。

 

時は神戸ビーフ、松坂牛、近江牛などの「地域ブランド牛」が日本各地で発足していくそんな時代でした。

 

その様な時代背景において長野県で一番初めて黒毛和牛を導入しその後、長野県全体に黒毛和牛の普及の一躍を担いました。

 

 

 

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる