院長紹介

緒方 琢也
代表

自己紹介-self introductin-

 -名前-

緒方 琢也(オガタ タクヤ)

-生年月日-

1981年12月13日生まれ

-肩書き-

カイロプラクター/整体師/足部診断士/

-性格-

一見穏やかだが、昭和の男的な熱さもある。でも、体育会系のノリは苦手。こだわる所と適当な所の高低差あり。

-好きな事-

サッカー観戦/奥様との食べ歩き/音楽鑑賞(JRock、R&Bが特に)/愛犬、亀と遊ぶ/ハンドドリップコーヒー/妄想

 

生い立ち-ogata´s histry-

 -1981年-

バブル全盛の頃、それとは全く無縁な菊池のド田舎に産まれる。

 -1991年-

両親の別居を機に、宇城市松橋町に移り住む。これがきっかけで無口で内気だった性格が少し明るくなる。

- 1995年-

顧問の先生とソリが合わず、大好きだったバスケを退部。大きな挫折感、劣等感を抱える日々を送る。

 -1997年-

大好きだった祖父の死、さらに母が病(子宮頸がん)に倒れる等、災難続きの1年。

 -2000年-

福岡の大手食品メーカーに就職。その後1年で退職し、役者を志して上京する。

- 2004年-

役者の夢破れて帰熊。その後、福岡でカイロプラクティックを習い、直属店で見習いとして働く。

 -2007年-

校長の経営方針に納得がいかず、団体を離脱。晴れて自由の身に!ショッピングモールや温泉施設の整体店で経験を積む。

 -2009年-

機は熟したと感じ、念願だった独立開業をする。がしかし、ここから苦悩の日々が始まる…。

- 2012年-

熊本市に移転し、治療系のサロンとして再スタート。が、移転と施術内容の変化で多くのお客様を失う。一番ツラい時期でした^^;

 -2017年-

当店のコンセプト、考え方に共感して頂けるお客様に囲まれた理想的な経営状態になる。尚、進化中…。

 

10のきもち-10mind-

1.強引な予約は取らない

当店には症状を取りたくて通う方、月一の贅沢で通う方等、様々な方がいます。強引な予約は自信の無さ、未熟さの現れ。その方の想い、状態に合った来店頻度、アドバイスを致します。

2.回数券販売はしない

いやらしい話、経営の事を考えれば回数券は販売すべきなのですが、回数券は感謝のきもちや責任感、緊張感がどうしても薄らぐ気がしてます。これがイヤなので当店では販売していません。

3.もみほぐしはしない

 当店にはからだを整える独自の方程式、メソッドがあります。ですので「こうやって」という要望には応えられません。塩ラーメンの専門店が、味噌ラーメンを出すようなものです。

4.50対50

 偉ぶるでも下手に出るでもない、対等な関係をお客様と築きたいと思っています。オープンハートが症状の改善には必要不可欠ですから。

5.全てはオーダーメイド

施術内容、所要時間、アドバイス等…全て一人一人異なります。ご来店中はあなただけを診ています。それ故の「完全予約制」です。

6.治すのはあなた

セラピストの役目は自然治癒力を最大化する事であり、治す事ではありません。僕がどんなに整備をしても、あなたが乱暴な運転をすれば車は故障するのだから。。。

7.質問攻めをします

筋肉?内臓?頭蓋?感情?食事?思考?姿勢?何があなたの症状の最大の原因かを探る為、質問攻めをします。覚悟して来て下さい(笑)

8.他店と比べてください

地域一番とかゴッドハンドとか全く思っていません。ていうか、そういう考え方が嫌いです(笑)おこがましいです。あなたが合いそうと感じたらいらして下さい。

9.常に向上心

より良い技術、理論を常に学び、お客様へ還元していきます。この姿勢は治療家を辞めるまで変わりません。

10.目を見て分かりやすく

ご説明、アドバイスをする際はきちんと目を見て話します。そして、なるだけ専門用語は使わず、分かりやすい言葉で話します。

 



トップへ戻る