topics

格闘技(勉強)blog

 

前蹴り インロー

蹴り足と逆の肩の位置を下げる(角度)調整

(距離(接近戦)でも蹴る事ができます。

軸足の位置(スピード タイミング 威力)

(上記のイメージ)でかなり変化します。

 

※当ジムはベクトル拡張させるジムですので是非遊びに(体験)にお越し下さい。

 

前蹴りのディフェンスもプレッシャー(ダメージ) 蹴りにくくさせる方法もあります。

 

※足踏み(素早く)後ろ向き 前を向く

ミットの形に合わせて攻撃 素早く戻る

 

※ミドルキック

蹴り方(ジム)教える場所で変わると思います。

 

他で学ぶ事で刺激(ラーニングゾーン)

考え 柔軟に自分に合う方法を発見する事もできます。 試す 探る(非常に大切)な考え方です。

 

※振り下ろす手を(蹴る角度)に合わせる。

 

※拳を握る 開く 半開き(指を変化)させる。

 

※軸足を上げ(高さ タイミング)ゆっくりから試す。

 

ミドルキック(強化)

※ミット打ち(一つの練習)方法

 

静止した状態(10回) 前に進みながら(5回)  後に下がりながら(5回)左右 5セット  

 

※パンチは空 キックのみ(ミット) 

(パンチの力みをとる)+連動

 

※ミドル ローキック 前蹴り ハイキック

打ち分ける練習(パンチ&キック)

 

キックボクシング(キック(蹴り)(ボクシングパンチ)上手く使う事が非常に大切です。

(深くは割愛します)解る人は解ると思います。

戦略的に重要です。

 

フック(成長)させるカスタマイズ練習方法がありますよっ。

 

フォーカス(アジリティ)(パンチ)(キック) 

(目)(戦略)ディフェンストレーニングも可能ですので、体験して感じて下さい。

 

集中力アップトレーニングもあります。

身体操作の為にヌンチャク(イメージ)する事で発見が必ずあります。