topics

 

泣き寝入りしない 辛い思いを避ける為に是非学びに来て下さい。

 

内容

※護身具(理論)(使用方法)※

催涙スプレー スタンガン 夜間(フラッシュライト) 日用品!!!

(マイナス 弱点)もお伝えします。

 

鞄 ハイヒール

(鞄は防護盾)の変わりに使用します。

護身具と組み合わせる事で離脱させます。

 

ある程度の距離(離脱)出来る場合は隠れる事+奇襲攻撃の準備(ハイヒール)(護身具)

(詳しい方法)は是非学びに来て下さい。

 

痴漢(セルフディフェンス)

声(出せない)(出せるように)します。

 

警戒 違和感 乗る場所を変える!!!

時間帯を変える(自分自身)を守る為に行動させる力が大切です。(距離)(混んでる)様々な状況で(身を守る方法)も変わって来ます。

 

混んでる状況で乗り込んでしまうと(自分)のコントロールで位置(場所)を決めるのが難しくなります。リスクを下げる事も護身術です。

 

急所(打撃)アタック方法!!!

目 顔 金的 喉(状況) 身体拘束解除方法

(力では圧倒的な差が生まれます)男性でもできない方もいらっしゃいます。方法が一緒である必要は全くありません。

 

身を守れる事が大切です。

護身具を持つと決めたのであれば、その方法を徹底的に学ぶ事で生還する確率を引き上げます。

 

防護盾 足 (護身具)

使用準備 事前である事が重要です。  シミュレーション訓練

 

首を絞められる(離脱)は本当に一瞬です。

警戒は絶対条件です。 警戒する事+護身具や護身術の使用ができる状態にする!!!早ければ早い程好ましいです。逃げる(走る 隠れる)事ができればリスクも下がります。

 

出来ない方法は出来ません!!!

想像して柔軟に考えてみて下さい。(夜道 1人)こんな時に襲われたら?!(備えも)(考え方)も変わってくるのではないでしょうか?!

 

武道館(研修室)先生向けの護身術も開催できます。(ご気軽)にお問い合わせ下さい。

 

料金(応相談)(人数)によります。 

回数 時間の相談 内容を打ち合わせさして頂いてから(スタート)しますので、ご安心下さい。

黒板もあります。(席)もあるのでシミュレーション訓練には最適な環境で実技 座学が学べます。