親子(護身術)教室(パーソナル)防犯訓練 プロ向け護身

 親子(護身術)教室

危機管理(大人 子供)向けに訓練します。

警戒(信号 車) 人にも目を向ける練習。

逃げる(練習) 走り出し方 ランドセルを外す練習。 声 呼吸の練習。

ランドセルを大人が使う(防刃ベスト)防護服 防護盾の代わりにします。

買い物カゴや買い物袋を身を守る道具にします。(日常生活)を考えた環境護身術です。

救命護身術

圧迫止血 止血帯

止血帯が必要な血管の損傷(動脈)(出血死)を避ける為には必要な技術です。 止血帯(練習)

(時間を書く 覚える)(伝える) 意識があるうちに血液(改善)させる薬などを確認する。

細かく言えば衣服を切る 練習(胸骨圧迫)の時にも必要な技術です(女性)の為に

極力(見えない)方法を考える事も大切です。(自宅)訓練も可能です。 脈を確認(普段)からドリル練習

※無論圧迫止血を心掛け(駄目)な場合止血帯を使った止血するのも一つの方法です。

判断が難しい場合は状況をしっかり伝えて、判断を仰いで下さい。 色を付けた水を血液に見たてる(出血量)の認識練習!!!

子供達と一緒に護身術

子供のコントロール SOS(隠れる)助けを求める練習(フリーズロック)子供が動けない時あたなはどう行動しますか?!

現代に変化させる(護身術)を考える上では必要な事です。 理解する事で空手や格闘の身体操作を最大限に生かす事にも繋がっていきます。

技術は隠す(忍)見せつけるものではなく本当に必要な時に大切な人や自分自身を守る為に使う。

※殴られそうになってカウンター(護身術)ではなくなってしまいます。(子供)に伝えてますか?)

プロ向け護身

・拘束(制圧) (身体の触れ方) (言葉のかけ方)

腕 足 位置制圧(護身術)は離脱させますが、離脱が難しい状況(ある程度の制圧)する技術も大切です。

力vs力ではなく。一瞬力を加えてわざと、違う場所をクラッチする。

(コンバットクラッチ)(ハンドサークラング)

警棒 身体の動脈のディフェンス 近接の距離での(スキャン)方法 相手を見る(位置) 

(動脈)鎖骨 脇 足 腕 お腹(腹部)大動脈 腸骨動脈

目 喉 金的(急所)の勉強(ディフェンス)だけの練習より(両方)をする事で理解が深まります。

・ディフェンスも自分に合う方法。

素手の場合は特にディフェンス方法を一歩間違えると(怪我)やディフェンスが全くできない落とし穴が

(ストリート)外では起こり得る事も理解して練習する必要があります。

・防護盾特化訓練 使い方 身体の動かし方

相手は死に物狂いです。 流動的に動いています。(練習 訓練)相手の身体(会話)が重要です。

例)目に触れる(痛くない)ゾンビのように向かっていってしまいます。本当に眼球に指を入れる練習はできません。

(お互い)に会話する事で練習の密度が変わります。 掛かりにいく訓練、待ってる訓練(風)になってしまいます。

ディフェンス訓練 格闘訓練

訓練場所や人数 内容 料金を打ち合わせさせて頂き、訓練を実施するので、ご安心下さい。

見積もり 相談無料

気になる(内容)鈴鹿市武道館(無料体験)できますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。