ブログ

2022-09-24 18:13:00

自己紹介

今でこそ、周りがうらやむようなハリと透明感のある美肌を手に入れ、
女性の健康、美しさ、若さを叶える美容コンサルタントとして活動していますが、

そもそも、私はエステティシャンとして20年間 美容サービスを提供し続けていたにも関わらず自分自身は

ひどい肌荒れに10年もの間悩まされ続けていたんです。

こんにちは、
オーダーメイド体質改善で根治を叶えるパーソナル美容コーチmakiです。
私は、大手サロンに勤務後独立して開業し、漢方を取り入れた健康と美容サロンとして
20年間で述べ約2,500人以上のお客様と関わらせて頂きました。
そして、現在は体の中&外から美を磨き上げるオリジナルメソッド「美的栄養」の美容コンサルとして
活動しています。

そんな私が美肌になり、その方法を知りたいという方にコンサル行うようになったきっかけは
長年、ひどいニキビに悩まされ、最終的に重度の子宮内膜症と卵巣嚢腫という病気を患い
女性として充実しやりたい事がいっぱいあったの、毎日痛みと不安と恐怖に怯える日々に費やされ
辛い思いをした事です。
実は私の肌あれはただの肌荒れではなく、病気を予兆するサインだったのです。
私は肌荒れがそのメッセージだったことに気付かず10年後にひどい状態で病気を発症するくらい
状態を悪化
させてしまっていたのです。
もし、私が早い段階で
美容の問題が病気のサインになっていることを理解していれば、肌荒れや病気に苦しむことなく
しっかりと未然に防ぐ事ができたでしょう。
だからこそ
私と同じような苦しみを味わってほしくない!
あらゆる美容を試したわたしだからこそ、本当に結果が出る方法がわかる!
美しい肌と健康を手に入れて女性として自信を持って輝いて欲しい!
そうお伝えしたいと思う気持ちからいう思いから
美容コンサルタントとして活動をはじめました。


肌荒れが始まる

私は結婚後三度の流産を経験しましたが、有難いことに二人の子宝に恵まれる事ができました。
「育児も家事もサロン開業の勉強も頑張るぞ!」と奮闘しましたが
出産を期に、ニキビに悩まされるようになったんです。
最初は生理前になるとポツポツと出る程度のものでした。
ですから、生理になれば起こる生理痛と同じような感覚で、生理になれば肌あれも仕方がない...

と思っていました。
ところがなんと、生理前だけに出ていたニキビがいつの間にか
生理に関係なく出るようになったんです。
そして、常に顔のどこかにニキビがある状態が続きました。
「美容の仕事なのに恥ずかし...」「ニキビ跡とシミで老けて見える...人前に出たくない」
「写真を撮られるのが嫌、写りたくない」「鏡に映る自分のくすんだ肌に、ため息...見たくない」
この頃の私はいつも肌のことで頭がいっぱいで、ニキビを治すことだけ考えて
大事な「美容問題の真実」を見落としていたんです。
そんな中、夢だったサロンをオープンしたんです。
しかし、皮肉なことに
オープン後更にニキビは悪化しました。

ポツポツニキビが赤く腫れ、皮膚の奥に袋があるようなニキビに変わり
まるで噴火寸前の火山のような状態
私は美容の仕事をしているにも関わらず、肌が荒れている自分が許せず
「どうにかして、治したい」という思いで

あらゆるものを試しました。

・ニキビが出始めた頃、一般化粧品では

「オードムーゲ」「薬用ビューネ」「雪肌精」「DHC」「クリニーク」「ファンケル」

・ニキビが悪化するに連れて専用の化粧品に変わり

エステサロン専売化粧品を試しました。

「エンビロン」「ドクターリセラ」「アクアヴィーナス」「ドクターオバジ・ニューダーム」
「サンソリット・AHAソープ」「ヴァルモン」などを使用しました。
・化粧品とは別にエステケアでは様々なピーリング

 ・ケミカルピーリングは2週間に一回を少なくとも30回以上
 ・クリスタルダーム(研磨ピーリング)2週間に一回を5回
 ・ブルーピーリング(医療ピーリング)1回
 ・ハーブピール(ドクターシュラメク)2週間に1回を3回の後1ヶ月に一回を3回
 ・バイオヴィサージュ10日に一回を10回後、2週間に一回を2年継続

・病院での治療は2週間に一度通い薬を一年半、継続的に服用
 ・抗生物質(マイシン)

 ・漢方薬(十味排毒湯)
 ・アクアチムローション/アクアチムクリーム

・一般医薬品ではチョコラBB

その他ドクダミ茶、ビタミンCサプリ、乳酸菌サプリ
このように、薬から始まり、化粧品、エステ、医療行為に至るまで
​数えきれないくらい行い、総額300万円くらいは費やしたと思います。


しかし、結果は、薬にしても、またエステにしても
一時的には軽減するのですが、完全に肌を安定させることはできず
薬を止めると途端に再発する。

何かに依存しないといけない状態でした。


病気の発症

そんな不安定な肌の状態が10年続き、とうとう病気を発症しました。

 

病名は子宮内膜症と卵巣嚢腫です。
この病気は突然、私を襲い、私の生活を一変させたんです。
いえ、突然ではありませんね。

 

実は数年前から、なかった生理痛が始まり、その痛みはどんどん激しくなり薬を使わないと
耐えられない日もあったんです。
それでも、この時はまだ生理痛は当たり前のものだと思っていたので
全く病気を想像せず、痛みは痛み止めでしのぐという日々を過ごしていました。

この子宮内膜症に関して言えば、10人に一人は発症しているという

驚きのデーターがあるほどです。
しかし、多くの女性は病気ではないとされ、診断されないまま生活している現状です。
この病気は発症から診断までに、平均8年かかるとの統計もあります。

見過ごされ、激痛に襲われながら過ごしているという事実も報道されていました。

 

私もその一人だったんですね


薬でしのぐ日々が数ヶ月続けました。
今思うと「なんて間違ったことを続けたんだろう!」と後悔もしますが
その頃の私は、自分に知識がないことで、薬に頼ることしかできなかったんです。

そして、ドクターから

「半年後、状態が変わらなければ、子宮と卵巣両方、全摘出」と告げられました。
その時初めて、自分の体に起こっていることの
重大さに気づいたのです。

「子宮がなくなる!?体の一部がなくなるなんて嫌だ!」
「30代で更年期?」
「女性の象徴をなくすの?そんなの耐えられない...」
「切除が本当に正しい?」
「摘出するだけが治療?なぜ発症したかもわからないままで...」


気づき​​​

それから私は、「病気について」「体の仕組み」「薬のリスクと弊害」について
学びを始めました。それと共に
体の中に目をむけ体質改善を始めたんです。
学びを深めた結果、たどり着いた答えは、

実は私の肌荒れは、ただの肌荒れではなく病気を予兆するサインだったということです。

私は肌荒れがそのメッセージだったことに気付かず、10年後にひどい状態で病気を発症するくらい
状態を悪く悪化させてしまっていたのです。
これこそが私が、長年見落としていた「美容問題の真実」なのです。

もし私が早い段階で、美容の問題が病気のサインになっていることを理解していれば
肌荒れや病気に苦しむことなく、しっかりと未然に防ぐ事ができたでしょう。

これが、私が健康&美容のサービスを始めた最初のきっかけです。

そして、後に一般医薬品を扱える資格と販売許可を取り
東洋医学を(漢方)を学び

2011年に漢方&エステサロンとしてリニューアルすることになったのです。
それから、私は自分の健康の為に体質改善を試みました。
最初に行ったことは、東洋医学の考えを基本に、体を分析し必要な漢方薬を取り入れ
自分の証(タイプ)に合わせた食べ物を積極的に摂りました。
しかし、この地点では大きな変化が見られず、何が間違っているのか?
更に学びを深め、腸内細菌、腸内環境の重要性を知りました。

私は幼少期から、すぐにお腹が痛くなる状態も継続していたので
これも関係あるかもしれないと、腸内細菌を調べる検査まで行い取り組み
今までの中で最もインパクトのある結果を導き出し
体質改善の手応えを感じたのです。
その後、薬膳も取り入れ、漢方薬だけに頼る方法をやめました。
そして、ストレスについて学び、運動を取り入れた考えに改めました。

これらを始めだして2ヶ月目に驚きの結果が出たんです。
あれだけ不安定だった肌の状態が安定し、くすみがとれて肌の明るさを感じるようになりました。
また、
☑︎ あんなにひどかった生理痛がピタッとなくなった
☑︎ 月に数回あった下腹部の激痛もなくなった
いつもは月に一度の診察が怖くて仕方なかったのですが、この時だけは、子宮の状態を
早く知りたいという気持ちで、病院に行きました。
先生が内視鏡のモニター画面を見ながら「んっ!卵巣小さくなってるねー。なんで?」
「今頃、薬効いた?そんなことないね!何か飲んでる?何かやってる?」と聞いてきたんです。
そして、その後の言葉が
「この大きさなら、すぐに手術しなくてもいいね!」
「でも、卵巣はガン化しやすいから、そこはよく考えて」と言われたんです。
私は自分がやってきたことが間違っていなかったことを実感しましたし、
何よりも病気に勝った事が嬉しかったです。
結果、子宮、卵巣は摘出する事なく、もちろん、痛みも全くない状態でその後●年を過ごしています。

この頃になると、美容の問題解決の為に体質改善がどれほど重要か自信を持って
お話できるようになっていました。
その結果、お客様にも劇的な変化・改善見られるようになり
和歌山県にいながらも大阪、奈良、福井県など他府県からご相談がくるようになりました。


「治せない」壁・挫折


しかし、いい結果ばかりではなく
期待した効果が出せなかった方々がいました。

それが
・慢性的な貧血状態の方
・アレルギー体質の方
・ストレス過多の方
・鬱、不安障害、パニック症候群などを抱えている方
などです。
この状態をお持ちの方は、なかなか解決に至る事ができませんでした。
私自身も幼い頃からアレルギーだったのでよくわかるのですが
貧血やアレルギーは対処療法が一般的ですよね
ですから、私も含めこのタイプの方は「生まれ持った体質だから一生治らないんだ」と

諦めている方がほとんどで、私としてもこれ以上悪くならないような
アドバイスをさせていただくことが最善策だと考え、それが誠意一杯やれることだったのです。


人生が180度変わる出会い

そして、健康&美容に切り替えて10年を迎えようとした時に
ついに!!
機能性栄養学と出会ったんです。
この出会いは突然やってきました。
私自身の人生と私のエステ人生を180度変えた、衝撃の瞬間でした。
それは、
たまたま参加したセミナーで米国で機能性医学、機能性栄養学の専門家で
薬を使わず治療をする先生の講義でした。その時の話の内容は、健康の基本の基本です。
私は今日まで100人を超えるいろんな先生方のお話を聞いてきました。
そこでは、最先端の医療、美容についての大変難しい専門的な内容のものばかりでした。

しかし、その先生は健康の基本だけを話しました。
・栄養がなければ何もうまくいかない
・ストレスは万病のもと
・ぐっすり眠る大切さ
・食べる物を選ぶ必要性
このような、栄養、ストレス、睡眠、食事などの誰しもがどこかで聞いた事がある

よく聞く言葉、内容で「健康の基本だけ」ですよ!

でも、私はそれを聞いた時に、自分の学びの中で大切なことが
完全に抜け落ちていたことに気づいたんです。
健康な肌、髪、筋肉、臓器を作る栄養を摂って体にとっての弊害を無くす事が
真の解決策なんだ!」
これが本当に行わなければならない事なんだ!と感じました。

これがきっかけで、機能性医学、機能性栄養学の学びが始まりました。


機能性医学とは〜
病気や症状の発症原因を追及し、原因から解決していくという医学・医療のことです。
機能性栄養学とは〜
機能性医学に基づいた、生体の健全な機能を取り戻すことを目的とした現代栄養学の応用のことです。

そして、私にそれらを教えてくれたのが、私の人生が変わるきっかけになったセミナーの講師
そして、現在のビジネスパートナー
和泉先生です。


驚くべき身体の変化

私は学びを深めながら自分の体を実験台にして体質改善を行ったのです。
その方法とは、一般的な体質改善とは違い

ドクターを通じて行う日本では、ほぼ受ける事ができない最新の検査と

個別に行う丁寧な問診で問題の根本原因を突き止める方法です。

私が行ってきた東洋医学の問診、見立てでは見抜けなかった
ドーパミン、メラトニン、エストロゲン、黄体ホルモン、コルチゾール、グルタチオンなどの
ホルモン分泌の状態から認知症リスク、ビタミンB群の栄養状態までもわかるものです。
この検査はビジネスパートナーの米国在住、
和泉先生を通じ検査キットを用いて行うものです。
そこに、問診を組み合わせることによって根本原因を突き止め
私専用の体質改善プランが出来上がりました。

これは、完全オーダーメイドの方法で日本でほぼ受けることのできない
米国の最新治療プランだったのです。
この治療方法は、医療技術の最先端を行くアメリカでは当たり前の方法なのですが
日本では、ほぼ浸透していないんです。
それもそのはず、最新技術は日本には5年〜10年遅れてやってくると言われているんですね。
なので、この最新治療プランに出会えた私は、本当に幸運でした。

一人一人の体質を見極めて、問題の根本原因を突き止めることで
最善、最短の解決策を見つけるという体質改善プランは
すぐに、私を笑顔にしてくれました。

体質改善を始めて2週間目に変化が現れました。
中でも一番変化を感じた部分がお肌です。
・肌質だと諦めていた乾燥肌が改善された

・50代にも関わらず肌に潤いと艶が出た

・コンプレックスを感じていた肌を褒められた
・肌の赤みが消えて〇〇になった
・くすんでいた肌に透明感が出た

10年かかって300万円かけても解決できずあれだけ悩み、コンプレックスだった
荒れた肌、くすみ、しわ、シミが50代になって
たった2週間で変化してくれるとは想像もしていなかったので
驚きと同時に嬉しさでいっぱいです。


さらに嬉しいことに
・⚪︎年悩まされていた重度の花粉症が治った

・金属製アレルギーの症状が全く出なくなった
・肩こり、首の痛みが改善
・50代ならではの髪の乾燥がなくなった
・褒められるほど髪の毛に艶がでた
・体型も引き締まり、体のラインが整った
のです。
このように50代になると皆さんが経験する
体型の変化...
・ワンピースが綺麗に着こなせなくなった
・後ろ姿に自信がなくなった
このような悩みですら、ダイエットをしたつもりもないのに
解消されてしまったのです。

この変化を体感した時に
女性が求めている全てがここにあることを確信しました。

健康で美しさを手に入れると笑顔が増え、運気が上がり、人生も変わる

「年齢は時の流れを示す単位でしかない」

女性はいくつになっても、健康であれば輝き続ける事ができる

決意

 

そして私は、同じ体験をして頂きたくエステサロンに通ってくださるお客様にも
即座にご案内しました。
しかし、どの方も「私には無理よー」「今まで通りでお願いします」・・・
と私の期待とは逆の返事でした。
確かにこの方法は、エステという空間でベットに寝てリラクゼーションを楽しみにして
くださるお客様の求めているものとは異なるかもしれません。

ただ、本気で

・美しく輝く肌になりたい

・身体の不調をなくしたい
・ボディラインを美しくしたい
・体重を落としたい
・若さを保ちたい
と望んでいるお客様に必要なことは
まず、「中から美しさと健康を取り戻す」こと
それが叶った上で、エステを受けていただくことで、過去ないほどの効果を生み出し
人生史上最高に美しく健康な自分を手に入れる事ができる。

私はこれを「美容問題を改善するための真実」として
確信しているのです。

そこでそのような新しい意識を持っていただくために

サロンの業務とは別に新たなオリジナルメソッドの美容&健康法
「美的栄養」を立ち上げ美容コンサルタントとして
ご案内することに決めたのです。
そして、最初に美容コンサルのサービスを提供した方は、実は取引先の営業担当の女性でした。
彼女は私のサロン担当になり、営業の仕事が初めてということもあり
私とのコミニュケーションを重視していました。
来店しても私の健康&美容の話を「うんうん」とよく聞いてくれました。

そんな関わりを繰り返している中で、私は彼女のある部分がずっと気がかりで
思い切って彼女に質問したんです。

「朝起きて、しんどくない?」

「朝起きて、むくみはない?」

「夜は眠れている?」

「過食になっていない?」

「外食多くない?」

「トイレは近くない?」

「生理痛はない?、いつから生理痛はある?」

「生理前、食欲湧かない?」

「ストレス抱えてるんじゃーない?」

「便秘してない?」

などなど

彼女には10個ほど質問したのですが、答えは
「あります、そうです」
の連続でした。その時、彼女には
「放置はよくはい」ということだけを簡単に告げました。

そして、彼女はあまりに思い当たることが多く
身体も辛かったのでしょう。
翌月、自分の体を整えたいと依頼してきたのです。

そして、オリジナルメソッド「美的栄養」にのっとり
彼女の根本原因を突き止め
彼女だけのオーダーメイドプログラムを作り
的確に体質改善を始めた結果

彼女はたった1ヶ月で
・肌はくすみが改善さらに美白
・肌はツルツル
・生理前のニキビが出なくなった

・体重がマイナス5キロ

・便秘の改善
・お腹のハリが改善

・生理前の気分の落ち込みが改善
・やる気が出る
・疲れを感じなくなった
など見違えるほど変化しました。


それを見た同僚、友人が驚き、ご友人が続いて体質改善を行い
たった1ヶ月で、何件もの病院に行っても原因がわからず治らなかった
疲れ、体のだるさ、何事もやる気の出ない激しい気分の落ち込みがなくなり
・肌はツルツルになりくすみが改善
・生理前に出る口元のニキビが改善
・まつげの抜け毛が止まる
劇的な変化が起きました。


美容でお悩みのあなたへ

このようにして
どうしても改善できなかった体質
・慢性的な貧血状態の方

・アレルギー体質の方
・ストレス過多の方

・鬱。不安障害の方、パニック症候群などを抱えている方
の症状をお持ちの方まで改善できるようになって
これこそ、私が長年追い求めた美容のサービスであり女性が学ぶ事柄だと思います。
更には、これから結婚、出産を考えている女性には特に届いて欲しいと思います。
何故ならば、ただし身体の扱いを知るということは、子育てにも生かせ、受け継がれるからです。

私は20代後半から始まった肌荒れで、気分も表情もいつも暗く
自分に自信を持てないまま、10年もの間振り回され
挙句の果てに病気を患い、激痛と不安の日々を過ごしました。

この時に体の正しいメンテナンス方法を知っていれば
10年もの長い時間が辛くて暗いものにならなかったでしょうし
病気や手術といった大事に至ることなく、美しい肌、健康な体とともに
20〜30代という女性の黄金期を謳歌できていたでしょう。
そして、私がエステのサービスだけを行っていた時に
ニキビでお悩みの方が多くご相談に見えました。

中には改善できた方もいらっしゃいますが、私のように思った結果が出なかった
お客様がいたのも事実です。
ですから、
今私は、どんな悩みを持っている女性だったとしても
誰もがうらやむ美しい肌
さらには
全身の美を司る健康を手に入れることができるこの方法を
お伝えしたいと心から思っています。
そして何より、私のように時間を無駄にしてほしくないです。
少しでも若い時に「美的栄養」に取り組むと今の若さを長持ちさせる事ができます。

しかしそれは、健康な体でないと行えないんです。

エステも美容医療もとても良い方法だと思います。
しかし、それは体が正しく機能しているからこそ

効果、価値が出るのです。
体が健康でなければ、どんな素晴らし施術を受けても
効果は半減、いや、ほとんど出ないというのが
エステを20年間やってきた私の結論です。

「美しさは健康だからこそ得ることができる」

これを実践することであなたの望む美しさは思いのほか早く手に入るでしょう。

【平穏な人生】

・1970年 和歌山県和歌山市で生まれる

・1980年(10歳)小学生はバレーボール、水泳、陸上の大会に出場し、活発に過ごす。
     小・中学のバレーボールはキャプテンになり地区大会で成績を残しました。
・1986年(16歳)上京をして美容の仕事をしたいと目標を立て準備を始める
・1988年(18歳)メイクアップアーティストを目指して、養成学校に入学、上京


【どん底の人生】
・1989年(19歳)メイクの仕事を諦め、挫折。エステサロンに就職

・1991年(21歳)過酷な仕事について行けず退職。その後、結婚
・1991年 9月      1回目の流産 原因不明

            12月      2回目の流産 原因不明
・1992年8月     3回目の流産 原因不明

・1994年(24歳)長女出産。出産後、半年後からニキビが出始める
・1996年(26歳)自宅で脱毛サロンを始めながら某大手化粧品会社で営業勤務
・1998年(28歳)ネイルスクールに入学
・2000年(30歳)長男出産。ニキビは常にできる状態
・2001年(31歳)念願のサロンをオープン。オープン後ニキビが悪化
・2008年(38歳)子宮内膜症、卵巣嚢腫が発症


【復活の人生】

・2008年12月      登録販売者資格の勉強を始める
・2009年(39歳)登録販売者資格、合格
・2009年10月    漢方&エステサロン リニューアルオープン
・2011年(41歳)健康美容が盛況、健康相談が増える

・2014年(44歳)大阪、奈良、福井など遠方からの相談が増える
・2020年7月    機能性栄養学と出会う

【喜びの人生】
・2020年10月     機能性栄養学の学びが始まる。
             12月     自分自身の体質改善をスタート

・2021年 1月      肌が信じられないほどツルツル、くすみが改善、体が引き締まり

        アレルギー症状を全く感じない。
・2021年  8月     機能性栄養学に基づき美容プランの構築、提案をスタート
・2022年12月     美的栄養が生まれる。
健康に目を向け、根本原因を探し解決に取り組んだことで
子宮、卵巣の摘出をすることなく
コンプレックスだった肌が、褒められる肌に変わり、
体型は羨ましがられるようになりました。

私と同じように悩んでいる方には遠回りをせずに
この方法に早く出会って欲しいと願っています。
まずは、この方法を知ること!

やるか?やらないか?その後あなたが決めることです。

1
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる