①背を伸ばすためにできること

マナキッズお料理教室では、低身長で悩むお子さまや成長期に食事から少しでも背を伸ばしていきたいお子さまに向けて、役立つ情報を発信していきたいと考えています。

 

まずはじめに

 

私が発信しようと思ったのは、娘が低身長で治療が始まったのがきっかけでした。

食から成長を促すことはできないか?

そう考えて背を伸ばすための栄養素を学びました。

 

 

そして現在

 

治療と食事の意識を変えたおかげで、娘の背は少しずつ伸びています。

 

娘と同じような悩みをもつ子どもたちを応援したい。成長期の子どもたちのサポートがしたい。

そんな想いがあります。

 

 

これを見て少しでも食生活の改善のきっかけになってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

☆成長期の子どもたちが積極的に摂りたい栄養素について☆

 

 

日本小児科学会によると、子どもの低身長の割合は、100人に2〜3人と言われています。(成長曲線のパターンであり、症状や疾患名などを考慮した情報ではありません)

 

日本全国の人口で考えると、決して少なくないと思います。

 

そもそも背を伸ばしたいよりも、バランスを考えた食生活を送ることは子どもたちにとってとても重要なことです。

 

これを読んでくださっている方は、もうすでに日々の食生活と向き合っている証拠。

 

取り入れやすい食材から、少しずつでいいので改善していきましょう(^^)

 

 

 

 

正直に言うと、私も毎日のことなのでたくさん手抜きもしますし、凝った料理は時間に余裕がある時しか作りません(^^;)

 

簡単!シンプル!美味しい!

これが私のモットーです。

 

そんな中でも野菜嫌いの息子にもしっかり食べてもらえるよう、味つけのバリエーションは日々勉強中☆

味は地域や家庭によっても好みがそれぞれありますよね。

正解!なんてものは無いです。

これとこれを合わせたら美味しい!!!と発見できた時

なんだか嬉しくなりませんか?

 

 

以下のお話は低身長の子どもだけでなく、全ての成長期の子どもたちが摂るべき食材ですので、ご家庭の食卓の参考にしてもらえたら嬉しいです^ ^

 

 

 

 

 

 

では背を伸ばすために摂りたい栄養素とは?

 

『タンパク質』です。

 

肉、魚、納豆、豆腐など

まずはタンパク質を積極的に摂ります。

身長って、カルシウムだけでのびると思いがちですが、カルシウムだけでは背は伸びません。

ビタミンD、ビタミンK、マグネシウムなどさまざまな栄養素と合わせてカルシウムを摂ることで骨の健康や身長に影響しています。

 

その中でタンパク質は体をつくる主成分であり、ホルモンや免疫抗体をつくる材料で、体のとっても大切なエネルギー源なのです⭐︎

 

 

 

 

⭐︎食材例⭐︎

豚肉、鶏胸肉、鶏ささみ、卵、豆腐、納豆、豆乳、イワシ、チーズ など

 

 

 

植物性や動物性それぞれ特徴がありますが、そこまで慎重にならずに調理しやすい食材を選びましょう。

 

 

さらに一緒に摂りたいもの↓

 ●ビタミンB2(レバー、納豆、ウナギ、チーズ)

タンパク質の代謝を高める作用があります。

 

●ビタミンB6(レバー、マグロ、カツオ、ササミ)

タンパク質の再合成を助ける作用があります。 

 

 

 

 

例えば朝の時間がないときは

 

 

白ご飯と納豆、チーズやフルーツ、ササミのサラダなど

 

 

摂るべきものを知っておくだけで常にストックできる食材がありますね^ ^

 

ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

 

 

 

背を伸ばすためにできること

 

まだまだ必要な栄養素があります。

 

続きは②をご覧ください↓↓↓