講師ブログ

2020-08-19 12:04:00

復習の重要性と、練習時間の確保の工夫について

今回は練習時間の確保の工夫や、復習の重要性についてお話ししようかと思います。

 

演奏を上達するには、当たり前ですがレッスンでの復習がとても大事だと思っています。

ただ、復習するタイミングを誤ってしまうと完璧な復習ができない場合があります。

多分どの方もご存知であろうことかと思いますが、その当日に復習することが当たり前に1番大事です。

レッスンから帰ってきて、その日のうちに先生に言われたことを思い出すことが上達への近道だと思います。

 

ただ、レッスンから帰ってきてもすぐに夕飯だったり、他の習い事もあったりと忙しい方もいるかもしれません。

また、マンション事情で夜の音出し禁止の方もいらっしゃると思います。

楽器を使う習い事のネックは、音が出るものを使用するということですよね。

ただ、復習は絶対的に楽器を使用する必要はなく(もちろん使用するのがいちばん大事です)

例えば歌いながら、机の上で指の形を気にしつつ、歌いながらひいてもいいのです。

曲の内容を忘れてしまいそうだったら、たくさん歌を歌って指を動かして

エアー練習すればいいと、私は思っています。

エアーだから音は出ないし、寝る前でもできます。(因みに娘は自転車に乗りながらエアーでやっています)

どんな形でもいいので、当日に思い出す時間を必ず作って欲しいのです。

 

しかし子供は幼稚園や小学校でくたくたになってしまうことも多いので、それもできない場合があります。

そしたらいつするべきか?

 

 

ずばり!次の日の朝です。

次の日の朝に、少しでもいいので練習時間を確保して欲しいです。

新たな日を迎え、教育現場で新しいことを学ぶと昨日のことを忘れてしまいます。

人間ってそんなもんだと思っています。(と、子供にも話します。人間ってすぐに忘れるのよ〜と)

だから、その新しい記憶部分を使う前に音楽のことを思い出せば

忘れてしまう率が少しは減ります。(と勝手に思っています)

 

脳科学でも、当日に思い出した場合、1日後、2日後では格段に記憶力が落ちることが証明されているそうです。

〜いるそう、なのできちんと論文を読んだり、様々な研究者の本を読んだわけではないので

参考文献もありません。ですが、多分割と多くの方が「まぁそうだよね」と思ってくれるだろうと信じています。

なぜなら皆さんが経験しているであろうことだからです。

 

人間ってすぐ忘れちゃいますよね、本当に。私もすぐ忘れるので、最近は娘をメモがわりにしますが

メモがわりにすることさえ忘れることも多々あり、なんなんだろう…と思います。自分って。

 

話はそれましたが、とにかくすぐに思い出して、直ぐに復習をして欲しいです。

二日間ほど、本気で復習したら1日や2日程度練習しなくても

頭がすっからかんになることはないと思っています。

 

うちの音楽教室はそれくらいのゆるさでいいと思っています。

(本気でトップを目指している方、イラッとしましたらすみません。こんなゆるい教室なのでビシバシレッスンを行いたい方は、素敵な先生をご紹介させていただきます)

 

でも、それくらいゆるいと言ってもそれはそれは結構大変だと思っています。

 

そしてもしお子様と生活リズムの時間をうまく作れない!という方は

私がお子様と練習時間や生活リズムの見直しを行います。(人には厳しく言えちゃいますよね〜)

そして一緒にグラフなどに起こすことで、少しずつ意識改革できるかなと思います。

今の生活で、練習できるか心配な方は、最初にどうぞご相談ください。

できるか心配をするのではなく、できるようになるには?を一緒に考えられればと思います。

 

こんな状況で楽しい夏休みは過ごせそうにないですが、うちの音楽教室は

夏休みだけは少しだけゆるいです。(書く宿題はどこにでも持ち運べるので大量に出す代わりに、演奏系は少し減らします)

それでも、忘れちゃった〜☆という声が元気よく聞こえてきます。

そうだよね〜夏だから仕方ないよね〜♪あるある〜♪じゃあ新しく出しておくから倍やってね〜☆

と、ゆるい音楽教室の割にはしっかり出しています。

 

学びの多い幼少期、児童期を過ごして欲しいですね。

(あまりにゆるすぎるのではないか?というご心配ないたらと思い追記しました笑)