講師ブログ

2017-05-21 13:56:00

おやすみについて

急に初夏のような陽気になりましたね♫

暖かいと、冬より行動的になれるので私は好きです^^

 

さて、レッスン日についてです。

今まではなるべく生徒様のご都合に合えば、と思いお仕事を優先していました。

ですが、子供も少しずつ成長し、習い事ができるようになったので、子供との時間も設けたいと思い、お休みを決めました。

と言っても、イレギュラーで大人の方が習いに来られるので、確実なおやすみでなはないのですがm(_ _)m

 

火曜日と金曜日(金曜日に関しては訪問レッスンを行なっているのが理由です)は

お子様のレギュラーレッスンはおやすみにさせていただきます。

(振替などの対応はその日でもお受けいたします)

勝手ではございますが、よろしくおねがいいたします。

また、各曜日ともかなり枠が埋まって来ております。

お受けできない場合がございますので、ご了承ください。

2017-05-20 11:02:00

楽譜って読めないの?

「まだ楽譜が読めないんですけど、どうしたらいいでしょう?」

 

この質問は講師を始めた時から多く寄せられたお悩みの一つです。

私自身、レッスンで先生が見本で弾いてくれたのを覚えて、そのまま練習していたので譜読みに苦労した一人です。

 

様々な考えの先生がいらっしゃいますので、一意見として読んでいただければと思います。

 

音楽は言語と同じ、と私は考えます。

さて、言語を習い始めました。すぐに読み書きできますか?なかなか難しいですよね。

(大人になって、文字を書けるようになってからのスタートではなく、子供のお話です)

最初は鏡文字になったり、ミミズのような文字だったり。

でも、年を重ねるにつれて、丸が書けるようになり、四角が書けるようになり・・・と段階を踏んでいきます。

そして初めて、ひらがなの認識ができるようになります。

 

音楽も同じです。

大人から見ると、ト音記号のドが並んでいると(同じ高さ)全部同じだと、勿論わかります。

ですが、図形把握がやっとの子供からすると、同じようにならんでいても混乱してしまいます。

え?隣と同じ高さの音だよ!!!!!!!!!

って思いますよね、大人は。でも、子供からすると難題なのです。

 

でも、問題なく弾けてしまうのは、記憶力の良さと耳の良さです。

他の力が使えると、視覚的に捉えずに聴力などに頼ります。

だから弾けるけど、読めないということがよくあります。

 

私は特に最初のうちは問題だと思いません。

いずれ、自分で読めないと苦労していきますが、その時までに一緒に様々な課題をこなして、読めるようになっていけばいいのです。

ただ、ここでしてほしくないことは、どれみ〜と音名を書かないで欲しいのです。音符ではなく文字を見るようになってしますからです。

一気にいろんな力を付けようとしても、全てが中途半端になってしまうので、無理強いはしないで欲しいのが私の考えです。

 

勿論、最初から読めて聴けて書けて、弾けるというのが一番いいですが(_ _).。o○

 

因みに私は小学校5年生ごろまで、なんとなくしか読まず、適当に弾いて先生に怒られていました。

コンクール前なのに、譜読みがままならず、いつもCDを聴いてこなしていましたが、ある時全然追いつけないことん気づき、理論を自分で復習しました。

すると、自然に読めるようになりました。

 

いつ、平仮名が書けるようになって、認識できるようになったか覚えている方いますか?

多分、なんとなく学校で習って、なんとなくわかるようになった方が多いかなと思います。

ですので、音符の同じか!と思っていただけたら嬉しいです♫

 

まとまりがなくて、すみません。

 

1