トリミングご利用規約

当店のトリミングサービスをご利用頂き、誠に有り難うございます。

お客様が安心してご利用頂けるように初回ご利用者様には、以下のご利用規約書に同意して頂き、ご署名を頂いております。

また、下記に関する協議、ご請求に関しては飼い主様以外の第三者からは受けかねます。

【ご利用時の注意事項】

■ご利用前1年以内に狂犬病予防ワクチン、5種以上の混合ワクチンを未接種の場合は、お預かり致しかねます。(犬ジステンバー、犬アデノウイルス2型感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症の予防ワクチン)また、各種ワクチン接種後1週間以上経過していない場合もご利用頂けません。

■ご来店時にワクチンの証明書又は鑑札を確認させて頂きます。

■お預かりするご愛犬の注意事項・最近の健康状態については事前にお申し出ください。

高齢犬、体調不良の場合。妊娠・生理中、投薬(サプリメントを除く)投与されている場合。

■ワクチン3回が終わっていない子犬、妊娠中、ワクチン接種後1週間以上経過していない場合、トリミングはお断りさせていただきます。

■ノミ・ダニが多数寄生している場合はご利用いただけません。

■ご利用時にノミやダニを発見した場合サロン施設駆除料金として別途¥2,160を別途請求するとともにノミシャンプーを使わせて頂きます。

■次回来店時に駆除されていない場合、他のワンちゃんに移る可能性がありますので今後のトリミングをお断りさせて頂きます。

■わんちゃんの当日の体調により、トリミングをお断りすることがございます。

■これ以上は体力的に無理・慣れていないため今日はここまで、などと判断した場合にトリミングを中止する場合がありますが、トリミングの進行具合により料金を頂く場合がありますのでご了承下さい。

■噛み癖が酷い場合やどうしてもトリミングが出来ない場合、出来る範囲まででトリミングを中止致します。

■予約の時間を15分経過してもご来店されない場合、自動的にキャンセルさせていただきます。

■ご連絡を頂いていても他のお客様のトリミングが遅れてしまう場合、順番がずれたり、この日のトリミングをお受けできない場合がございますのでご了承ください。

■キャンセル・遅刻を繰り返されるお客様には、次回よりご予約をお断りさせて頂きます。

■お客様とトリミング内容をご相談の上、トリミングを行いますがわんちゃんの毛質などの理由で、仕上がりがお客様のご注文したイメージと異なる場合があります。その場合、代金の返金、値引きなどは一切出来ないものとします。ご帰宅後のトリミングのクレームに関しては、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

■皮膚、被毛、もつれの状態により、カット方法やメニューの変更をさせて頂く場合があります。

  【緊急時の対応ならびに免責事項等】

■ご来店されたわんちゃんは大切にお世話させて頂きますが、万が一当方の過失により事故などが発生した場合はお客様にご連絡するとともに、当方の判断により緊急に動物病院の処置を取らせていただく場合もございます。ご連絡がとれない場合や、緊急を要する場合は事後報告になる場合もあることをご了承下さい。応急処置のみで改善されると判断した場合は動物病院での処置はいたしません。この場合に関しての応急処置代金・動物病院での処置代金は当方にて負担させていただきますが、通院費・慰謝料・賠償金につきましては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

■不慮の事故・持病・特異体質・自然災害等の不可抗力によるトラブル( 怪我・死亡・逃亡) につきましては、お客様にご連絡するとともに動物病院に連れて行く等の最善の処置を取らせていただきます。 その場合の処置代金・治療費等は全てお客様のご負担となります。慰謝料・賠償金等につきましても一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

■当店では、お客様から頂いた個人情報、ワンちゃんの情報に関して厳重に管理いたします。

   【お迎えに関する注意事項】

■ご連絡が一切無く、お預け頂きましたワンちゃんのお引取りが無い場合、早急に緊急連絡先に連絡させていただいております。その上で、お預け頂いた日から3日間経過後お引取りの無い場合、お預かりのペットの所有権を当店に譲渡したものと判断し、その場合の損害賠償・慰謝料等の請求には一切応じかねますのでご了承下さい。

★トリミングのご予約を頂いた時点でトリミング規約にご理解ご了承頂いたものと判断します。

 

当店は、反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。反社会的勢力とは取引関係を含め、一切関係をもちません。反社会的勢力による不当要求は拒絶するとともに、民事・刑事の両面から法的対応を行います。

反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事案を隠蔽するための裏取引を絶対に行いません。

反社会的勢力による不当要求に対しては、組織全体として対応し、従業員の安全を確保し反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築します。