ごあいさつ

東京銀座の名店 割烹みどりや
大阪福島区の名店 割烹葉月
名古屋全日空ホテルズグランコート名古屋オープニングスタッフ等で腕を磨いてきた日本料理職人のお店です。
副料理長になるまでお客様一人あたり1万円を切るお店で修行した事は無かったのですが肩ひじを張らずに食べていただきたい想いで、店を持ちました。
美味しい物を ちゃんと下処理に手をかけた物を 手作りした物を 専門家の目で選んだ材料を 添加物を極限まで排除した物を 五臓を養い身体を健やかになる物を提供したい。
 一つ一つが金額を上げて行きます。度々来ていただくには、どうしたら良いか?店舗を手作りにして料理に上乗せ金額を最低にして、器は失礼にならない程度と ”先人に学び子々孫々に伝えて行きたい心” を表す様に歴史あるお屋敷から器を集めたり、メインの料理に特化してあしらい物飾り物等を避け、侘び寂びの料理を実現しています。
 
また、一流料理屋が身体の事に気をかけていない事に疑問を持ったので、三十になって薬膳を学ぶ為に、本草薬膳学院の門を叩きました。2年の期間と全ての単位を取り卒業する事で、国際薬膳師の受験資格を持ちました。僕の年は、合格率27%特に厳しい年に当たりました。2ヶ月前から仕事を辞め受験勉強に打ち込んだかいがあって一発合格しました。
中国が正式に認める国際ライセンスだけあって、とてもシビアな試験でしたがお陰でいろんな薬膳を創り出す事が出来るようきなりました。
 料理は、常に変わり続けます。その日その時で入手出来る材料が変わり、材料に合わせる技術も変わって行きます。

おしらせ

誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる