一般社団法人 上勝阿波晩茶協会

上勝阿波晩茶とは 上勝阿波晩茶協会とは

上勝阿波晩茶のことなら、おまかせください!

上勝阿波晩茶とは何か

阿波晩茶は徳島県の山間部で作られる、ゆでて漬け込み乳酸菌発酵させた独特の風味のお茶。

古風な製茶技術を伝えているとして、日本の茶をめぐる食文化を考える上でも注目され、2021年3月には国の重要無形民俗文化財に登録されました。

 

中でも上勝町産の茶葉を使い、町内で加工したものを「上勝阿波晩茶」と呼びます。

ほかの阿波晩茶に比べて、一般にゆでる時間が短く、さわやかな香りと味、色が愛されています。

カフェインが少ないため乳幼児から妊婦、ご年配の方まで飲用でき、抗アレルギーの作用もあります。

 

ちなみに、協会では下記のように規定しています。ご参考まで。

日本茶の一種で後発酵茶。嫌気的バクテリア(主に乳酸菌)発酵茶の阿波晩茶の中で、特に産地は徳島県勝浦郡上勝町に限定して、同町内にて栽培、収穫、製造(加工)された茶葉を100%使用したもの。

原料は、学名カメリア・シネンシスの葉・芽・茎(以下「茶葉」という)を使用する。

製造工程は、茹でる、揉捻、漬け込み、桶出し、天日乾燥の順で行われる。

 上勝阿波晩茶について、詳しくは 上勝町ふるさと名物応援宣言 のページをご覧ください

 

上勝阿波晩茶協会とは

【上勝阿波晩茶協会 設立の目的】

上勝阿波晩茶の産業を発展させること

 

 【上勝阿波晩茶協会の事業】

目的を達成するため、下記の事業を進めます

            (1)上勝阿波晩茶に関する認証、資格、権利の取得、登録

            (2)上勝阿波晩茶生産、販売に関する人材育成

            (3)上勝阿波晩茶に関する生産の拡大

            (4)上勝阿波晩茶に関する品質の向上、安定

            (5)上勝阿波晩茶に関する広報活動

            (6)上勝阿波晩茶に関する調査、研究

            (7)上勝阿波晩茶に関する相談に応じ、指導を行うこと

            (8)その他各号に掲げるものの他、当法人の目的を達成するために必要な事業

 

【協会設立とその後の上勝阿波晩茶に関する動き】

2018 6月 一般社団法人 上勝阿波晩茶協会 設立

9月

 

徳島発! 輝くむらのたから認定(徳島県)

第3回 上勝阿波晩茶祭り 開催

11 会員募集開始
2019 6月 ふるさと名物応援宣言(上勝町、経済産業省中小企業庁)
2020年 10月 協会公認シール販売開始
2021年 3月 阿波晩茶の製造技術が国の重要無形民俗文化財に

 

【協会員となるための資格】

当協会の定款で定義した上勝阿波晩茶を生産、販売する個人、法人、任意団体(以下「生産者等」という)とする。

ただし、円滑な運営に必要であるとして理事会が特に承認した場合は、生産者等でなくても会員になることができる。

 pdf 組織図.pdf (0.05MB)

 

なお、上勝阿波晩茶協会に入会された晩茶農家様は、原則として自動的に「上勝町阿波晩茶の製造技術保存会」の会員にもなります

 【上勝町阿波晩茶の製造技術保存会の歩み】

2020 12月 上勝町阿波晩茶の製造技術保存会 設立
3町の保存会による阿波晩茶の製造技術保存会 設立
誰でも簡単、無料でつくれるホームページ 今すぐはじめる