講師プロフィール

 

 

着付け講師       

 

着装技術師(着付け師)

 

パーソナルカラーアナリスト

 

きものカラーコーディネーター

プロフィール2_200229_0005.jpg

 

 

着物を着たい!着せたい!の思いから、着付けを習い

 

財団法人 民族衣装文化普及協会 認定講師 の資格をいただきました。

 

さらに人に着付けることを専門に学ぶ、着装技術のコースを終了し、

 

着装技術師 の資格をいただきました。

 

現在は独立して個人教室「花の衣 着付け教室」

 

を開いております。

 

 

 

着付け以外の資格

 

華道 桂古流正教授

 

中学校及び高等学校教員免許状(国語・書道)

 

教員免許と〇会での作文添削経験を生かして、

 

小中学生に作文と書き方(硬筆)を教える

 

「さくら作文・書き方教室」も開いております。

 

 

 

趣味

  • 日本刺繍(草乃しずか先生にご指導を受けました。刺繍の着物や帯を身につけるのが嬉しいです。)
  • 熊谷染め(友禅染めと型染め。埼玉県の後継者育成事業です。まだまだ修行は長そうです。今年は、型染めに挑戦中!)
  • 編み物(本を見ての独学ですが、かなり得意です。nonnoを見て娘がオーダーしたものを編みます。今年の1月2月だけで6着も編みました。さすがに腱鞘炎になりかけて、少しお休みにし ました。着付けに差し障りますので。)
  • ガーデニング(狭い庭ですが、楽しんでいます。今は、寒さに強いビオラががんばっています。)
  • 模様替え(重い家具を動かすと、犬が尊敬してくれます。)

 

 

 

 

 

暑さで有名な埼玉県熊谷市生まれ。

 

そのせいか暑さにはとても強く、気温33度までならエアコンをかけずに過ごせます。

 

ただ家族に心配されるので、最近は30度を越えたらエアコンを付けますし、

 

着付けは涼しいお部屋でいたしますので、ご安心ください。

 

 

着物は、幼児のころから大好きです。

 

祖母が縫ってくれた浴衣やウールのアンサンブルにワクワクしたものです。

 

その頃、いとこが女の子ばかり5人でしたので、

 

1シーズンに2人くらいずつ縫ってもらえるのです。

 

祖母が背中から近づいてきて、長いものさしで裄を測ってくれた時の

 

「今年は、私の番だ。」という静かな喜びは、忘れることができません。

 

それからは、祖母の家に遊びに行く度に進み具合が気になります。

 

熊谷には、うちわ祭りという大きいお祭りがありますが、

 

お祭りの写真は、いつも浴衣姿です。今も、昔も。

 

 

埼玉県立熊谷女子高校卒業、埼玉大学教育学部卒業。

 

中学校及び高等学校の国語・書道の教員免許を取得しました。

 

熊谷市役所勤務。収税課で税金の仕事をした後、秘書課に異動。

 

市長室と助役室にはさまれた部屋で充実した日々を過ごしました。

 

今でも熊谷市役所大好きです。上司の方々から様々なことを学び、

 

有意義な日々でしたが、結婚し退職しました。

 

公務員は、結婚退職をする人は少ないですが、夫が札幌に転勤だったためです。

 

 

札幌は、転勤族も快く迎えてくださる土地柄なのか、

 

皆さんとても仲良くしてくださり、今でも近況報告をしています。

 

懐かしく思い出すのは、母親教室のお友達同士で集まる日、

 

吹雪だったので赤ちゃん連れで出かけるのを躊躇していた時のこと、

 

「もしもし、川崎さん何してるの~?はやくおいでよ~。」

 

「うん。でも吹雪だよ~!」

 

「そうだね。降ってるね。じゃあ、すぐ来てね!」

 

札幌の方は、吹雪でも赤ちゃんを抱いて外出することに

 

カルチャーショックを受けました。

 

そうしないと生活が成り立たないことも初めて理解しました。

 

それから雪は結構好きです。

 

 

2年後、かまくらで有名な秋田県横手市へ。

 

かまくらの外側の何ともいえない美しいラインに感動しました。

 

横手は、人情の厚い素敵な所です。

 

ただ、豪雪地帯で一晩で40センチほど積もることもざらで、驚きました。

 

夫が留守の時は、私が子供を背負って雪かきをしないといけないのですが、

 

埼玉育ちの私は慣れていなくて、

 

ほぼ9割を近所の方が惚れ惚れするような手際良さで片付けてくださいました。

 

横手の方は、皆さん雪かきのプロです。

 

 

3年後、埼玉県浦和市(現さいたま市)へ。

 

さらに1年後、東浦和に引越し、現在に至ります。もう24年たちました。

 

 

                  P1030001.JPG

           熊谷うちわ祭にて          よろしくお願いします。