インフォメーション

2020-10-05 14:48:00

おかげさまで、10周年を迎えることが出来ました(定休日ですけどね^^;)

2010年の今日、10月5日に

「はつたもの」は

ひっそりと、オープンいたしました。

 

当時のメニューを再現しようかと

記録していたノートを見てびっくり。

何と少ないことか!?

 

今から考えると、無謀すぎるスタート

広告を出すわけでもなく

チラシを配るわけでもなく

知人も友人も限りなくゼロに近い

ひっそり過ぎるスタートで

 

見切り発車もいいところでした。

 

そして、そのオープンから半年足らずで

あの

311が起こり

それまで足しげく通って来てくださった

小さなお子さんがいらっしゃるお客さま方が

ほとんど疎開されてしまうという事態で

先行きが不安すぎて

来月の家賃が払えるのか

必要な食材が買えるのか

いつやめるか

いつまで続けられるか

どうやったら続けられるか

明日はお客さんがいらっしゃるだろうか

そんなことばかり思う日々でした。

 

そんな感じで三年が過ぎた頃

やっと、長く続ける意味を知り

三年半経ったころ

そもそもの考え方を変え

「作りたくて作っているものを、たまたま食べたい人がいて、買ってくれる。

この店は、店ではなく 研究所のようなものであるから、お客様がいらっしゃらなかったとしても、それはそれ。

いらっしゃったらラッキーくらいに思っておこう」

そんな風に考えたら、とても楽になり

お求めくださる方に感謝しつつ

楽しむことにしました。

 

それでも、五年くらいは

意味も意義も見失って

涙を流すこともありました。

 

必要とされていない。と感じるのはつらいものです。 

 

ここ数年は、腹をくくり

店舗の更新が出来るか?ではなく

築30年経つ建物が、いつまであるのか?

立ち退きになったらどうしよう。と

悩みの方向が変わり

それも、昨年大規模改修があったことで

不安は消えました。

 

作りたいものがなくなって

アイディアが出なくなったらやめるかもしれない

そう思っていましたが

いまだ

とめどなく作りたいもの、アイディアがあふれでて

 

「同じような店がないか探したけどなかった」

いろんなお客様に言われ

存在意義を再確認しています。

 

オープン当初からかわらない

世界的に珍しい

卵も、バターなどの乳製品も

白い砂糖も

茶色い砂糖も使わない。

加工頻度の高い材料は使わない。

自家製酵母のパンと

さほど甘くないおやつを

ずーっと変わらず

でも

進化しつつ

作り続けていきたいと思っています。

 

今までの10年にありがとう

これからの10年も宜しくお願いいたします。

 

もっと柔軟に

もっと美味しく

冒険もしつつ

楽しく店を続けてまいります。

 

 

おかげさまで、10周年を迎えることが出来ました(定休日ですけどね^^;)