ブログ、お知らせ

2020 / 10 / 10
07:46

毎日の変わらない日々

おはようございます!

今回の台風は風が少し弱い感じですね

なんとオクラさんもまだ無事です。まるでジャングルにきた感じ

日照が少ない分、実が大きくなりませんがまだまだ頑張っています。

毎日の変わらない日々

農作業も繰り返しのようで変化があります。

 

ひとつは四季です。

「春夏秋冬」

季節の移り変わりで野菜たちの顔が変わります。

ふたつめに

「生長期」

種から花が咲いて実を結ぶまでにやさいたちはいろんな顔をします。

すべてのやさいに共通する点は両手を上に太陽のエネルギーをもらってることです。光合成ですね。

これがよくみるとかわいんです。

みっつめに

毎回同じ時期に同じ作業工程をふんでも、うまく育てられたり出来なかったり

が毎回繰り返されます。

 

それは、生き物を育てているからなんですよね。

食卓や畑で野菜をみるといっけん個体の「もの」に見えがちなんですが

その瞬間も一生懸命生きています。

 

やさいは一旦土壌に足をつけたら生涯そこで暮らします。

種は動物や風に運ばれて場所を変えますが、土壌さえあればそこにまた芽をだします。

コンクリートのほんの少しのすき間でも草がはいてますもんね。

人間が手を入れなければ必ず自然はもとの自然にもどっていきます。

おもしろいです。

 

毎日の「ケ」の暮らしに、ほんのわずかな変化を感じることができる

この「野良仕事」がおもしろいんです。

 

たまには、いい服着ておしゃれして好きな人とどこかにいくのもいいんですが

ぼくは、この変わらない日々が好きです。

わずかな変化で飽ないことが、生産者冥利につきます。

 

こどもを育てるのにも似ています。

人と野菜の違いは大差ないと思っています。

野菜も歴史上、人が食べやすいように種と種を 繰り返し 交配してきた結果

今のようにたべやすい野菜に変化しました。そもそもは雑草です。

 

やさいは人間が手をかけてやらないと育てられない植物なんです。

 

こどももそうですね。

勝手には育ちません。

 

共通していえるのは、成長していく過程で「環境」をつくってあげることしか

私たちにはできません。

強要ではなく、成長していく過程でどんな「環境」を私たちが作ってあげられるか

やさいや子供もわたしたちのコピーロボットではなく、新しい個性なんですよね。

 

その個性が、新たな個性をこよりでつなぎ実を結んでいきます。

なんかすてきなことです。

 

地球規模の流れで考えれば、人も微粒子の一部に過ぎなくそのプロセスでしかないのですが

 

 

毎日の変わらない日々

 

いつものように朝起きて

いつものようにごはん食べて

いつものように遊んで仕事して

いつものように寝る

 

繰り返しの毎日の中にささやかな幸せを感じることできれば、人生も楽しみですね。

 

本日も営業しておりますが、

14時前には閉店します。

 

それでは

今日も一日健康に!

2020 / 10 / 05
09:49

週替り弁当

週替り弁当IMG_20201005_075820.jpg

 

★秋茄子と鶏のコチュジャン炒め

IMG_20201005_074716.jpg

★焼きさばととさつまいもの味噌炒め

★きのこと豚の生姜焼き

1 2
Today's Schedule